そして、誰もいなくなった
渡瀬恒彦、最期の作品。
 
実は原作自体を知らないので、この密室なる孤島のミステリー、日本版アレンジ・バージョンに、大いにワクワクです

壁に書かれた、謎の数え歌といい、ひとり亡くなるごとに兵隊さんの人形が、ひとつづつ無くなるところといい、実に芸が細かいっ!
  
    (ストーリー)

 八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ『自然の島ホテル』のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。
 七尾からの招待状を受け取りやってきたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は不在であることを伝えられる。
 これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのか―期待と不安に包まれながら用意された夕食をとっていると、突如としてどこかから彼らの過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。
 それぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、突然招待客のひとりが目の前で殺害される! そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと招待客が殺されていき…? 
そして誰もいなくなった

そして招待客たちが島に渡ってから数日後。事件の報を受けた警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也(沢村一樹)と八丈島東署捜査課の警部補・多々良伴平(荒川良々)が兵隊島へと向かう。大きな“密室”となっていた兵隊島で発見された10体の他殺体――果たして犯人は誰なのか? そして10人は何のために集められ、殺されなくてはならなかったのか?
 かつてない大きな謎に、天才的な観察眼を持つ刑事が迫る…!!


[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-26 17:18 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

銀と金 最終回「最狂の麻雀 衝撃の結末」
e0080345_14434542.jpg
惜しむらくは、麻雀のルールがよく分からないので、勘所が今ひとつ見えなかったのですが、

森田(池松壮亮)の若さむきだしの、一匹狼の独特な存在感。

銀二(リリー・フランキー)の迫力、蔵前(柄本明)の怪演によって魅せられました。

勝負の場の「ざわざわざわ…」という効果音もウケました。

独自の味と、映像美、音楽が素敵だったのでした。

    (ストーリー)

銀二(リリー・フランキー)は森田(池松壮亮)に、蔵前(柄本明)独自のマージャンのルールを逆手にとり、彼を追い詰めて総資産5千億円全てを狙う方法を伝授。戦略が成功する確率は低いが、銀二は「勝つということは相手の心臓をつかむこと。そして、つかんだらつぶすこと」だと語る。勝負の場で銀二は蔵前を挑発し、総資産を超える額を賭けさせることに成功。運なら負けないと豪語する蔵前だが、ゲームが不利に展開し焦りだす。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-26 14:44 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

「精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神」(Season2)最終回「呼びあう魂」
e0080345_14370066.jpg
国々の複雑な事情は、今ひとつ、よく飲み込めなかったのですが、チャグムのピンチに、ついにバルサ(綾瀬はるか)が駆けつけて、助っ人したラストがエンタメしてて、素敵でした。

シハナ(真木よう子)にも、イーハン(ディーン・フジオカ)にも見せ場があり、ヤンヤ

最終章が楽しみです。

   (ストーリー)

襲われたバルサ(綾瀬はるか)は、相手がロタ王国に仕える密偵と気付き、あえて捕まる。密偵の狙いはヒュウゴ(鈴木亮平)で、チャグム(板垣瑞生)を奪われまいとしていたのだ。そのチャグムは、南部領主の屋敷から脱出したものの、ロタ王の城を前に追っ手に囲まれる。危機を救ったのはシハナ(真木よう子)だった。イーハン(ディーン・フジオカ)に謁見(えっけん)したチャグムは、同盟を願い出る。その頃、バルサも城を目指していた。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-26 14:38 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

真昼の悪魔 最終回『贖罪』
e0080345_06240258.jpgそれから、数年… 葉子さま(田中麗奈)は大塚(大倉孝二)と結婚し、一人娘をもうけ、富士山のふもとの町で小さな診療所を開き、ほそぼそと医師を続けていました。

公園にお弁当をもって家族で出かけ、まるで、絵に描いたような幸福な若夫婦!

でも、葉子は3年前、難波(中村蒼)が吉田(鈴木省吾)に託したICレコーダーが病院内で公になり、解雇されていたのですね。

難波は、今や売れっ子作家に次には、自らの驚愕の体験を書こうと、取材を試みます。

神父さま(伊武雅刀)は、神父をやめ、ボランティアに励む毎日。難波に葉子さまの事情を話します。

それにしても、葉子さま、悪魔の時は前髪というか、たらした髪があり、人間状態の時は、無いのですね。

子供を産んだのも、悪魔的な実験。生後666日に実験を試みますが、それとなく察した夫が腕と腕を縛っておいて… でも、それを切って、決行を試みますが、無事助かりますね。

葉子さまに、酷い目にあい、彼女をゆすっていた照美(朝加真由美)に鉄砲を向けますが、銃声はしたものの、どうなった?

結局、親子は助かり、葉子さまは元気にもりもりとステーキのお代わりをしてるし… いろんな意味で???なフィニッシュだったのでした。

遠藤周作の原作では、一体どうだったか、興味。葉子さまが、デビルだった時が見もの、でしたね。


     (ストーリー)

 葉子(田中麗奈)は大塚(大倉孝二)と結婚し、一人娘をもうけ、富士山のふもとの町で小さな診療所を開き、医師を続けていた。葉子は3年前、難波(中村蒼)が吉田(鈴木省吾)に託したICレコーダーが病院内で公になり、解雇されていた。

 一方、小説家として頭角を現していた難波は、次回作に葉子を主人公とした物語を書こうと思い立つ。3年ぶりに神父(伊武雅刀)を訪ねた難波は、神父の退院後に葉子が教会に来たことを聞く。難波が葉子に会いにいくことを知った神父は、「おそらく今は眠っているであろう悪魔が覚醒していないか、慎重に見定めてほしい」と忠告する。

 そのころ葉子の診療所には、思いがけない人物が訪れていた。それは以前病院で葉子に散々な目にあったあの女だった。娘を盾に葉子を脅し、土下座をさせて金を取り、「またすぐに来る」と言い去っていった。

 難波は葉子の病院の同僚だった医師たちに話を聞いていく。すると葉子が以前そそのかした女児が病院で悲惨な事件を起こしていたことがわかる。その女児の父・竹居道明(坂上忍)と葉子が話をしていたと聞いた難波は、贖罪で病院を訪れていた竹居を訪ねた。

 一方、刑務所に服役している芳賀(篠原篤)は、葉子の悪魔としての第二章が始まったと嬉々として話す。葉子が考えているのは、常人には理解できない悪魔的贖罪だと……。葉子に関わってきた人々に会い、考えを巡らせた難波は、葉子の診療所へと向かうのだった。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-26 06:24 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

コンタクトを買う
最近、視力が落ちてきたので、コンタクトを替えました。

近視が治った感に感動…

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-26 00:04 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

判事失格!?弁護士夏目連太郎の逆転捜査
e0080345_06304792.jpg
2014年に撮影されながら未公開だった渡瀬さん主演ドラマ、だそうですね。

この作品は渡瀬さんが演じる“異色”の弁護士・夏目連太郎が主人公のドラマで、本仮屋ユイカが超優秀&しっかり者の弁護士の娘、夏目沙月役で、“デコボコ弁護士親子”による新感覚ミステリー。


優秀な判事だったものの、判決の遅さが原因で再任拒否となり弁護士へ転身した“判事失格”という異色の経歴をもつ夏目連太郎は、利益を追求せず真実を追い求める腕は確かな弁護士。地べたをはいつくばり、納得するまで事件の真相に迫る夏目の姿を渡瀬さんが見事に演じています。


ほかに津川雅彦、渡辺大、渡辺いっけい、蟹江一平、大谷みつほ、鳥羽潤、一井直樹らが共演

渡瀬恒彦と仮屋ユイカの親子コンビといい、元婿で警察官。しょっちゅう御飯を食べに来る渡辺大といい、津川雅彦、演じる、しょっちゅう出入りする旧知の仲といい、なんとも味な人間関係。

主人公、愛用の緑のコートにまつわるの伝説も、まだ明かされてませ~ん。

明らかに、続編ができ、シリーズ化されそうな面白さ、だったので、かえすがえすも惜しいです。

ご冥福をお祈りします

      (ストーリー)

不動産会社で貸金業を営んでいた社長夫妻、寺川隆志(市川勇)と美登里(竹下明子)が事務所で殺害されていた。室内は荒らされ、金庫は開いたまま。そして床には美容院の割引券とカプセルが転がっていた。現金目的の強盗殺人か…?!数日後、美容院勤務の甲田雅文(蟹江一平)が逮捕される。現金を盗んだことは認めたものの、夫婦殺害に関しては容疑を否認。しかし、裁判で無期懲役の判決が下されてしまう。それでも無実を主張し続ける被告人の甲田。えん罪の可能性はあるのだろうか…?!控訴趣意書の提出期限は残りあと13日間。そんな案件を、大学の先輩で顧問弁護士の望月睦夫(津川雅彦)から持ちかけられる夏目連太郎事務所。“判事失格弁護士”と陰口をたたかれる夏目連太郎(渡瀬恒彦)と、事務所の経営状況にアタマを抱えるしっかりものの娘で弁護士の沙月(本仮屋ユイカ)が切り盛りする“デコボコ親子”の事務所だ。夏目は優秀な判事だったものの、判決の遅さに再任拒否となり弁護士に転身した“判事失格”という異色の弁護士。利益を追求せず真実を追い求める弁護士であり、その腕は確か。そんな夏目は、甲田の主張が真実かどうか…。まずは見極めるべく、早速被告人の甲田に接近する。事件当時、甲田は美容師として開業したばかりで、資金繰りに困っていたという。そんな時、甲田の飲み友達である西嶋優二(鳥羽潤)を介して、寺川に1000万円の融資を相談する。1000万円は厳しいという返事だったが、ある日「資金の用意ができた」と連絡を受け、甲田が寺川を訪ねると、社長夫妻はすでに殺されていた…。そして開いていた金庫には400万円が…。店を守りたい一心で、警察へは届けずにその400万を持って逃げ去ったが、寺川を殺してはいないと主張する甲田。夏目は、引き続き調べを進めていくが、控訴趣意書の提出期限が差し迫る。提出しなければ控訴棄却…。さらに、検察も夏目を目の敵にしているという完全逆風の中、弁護士夏目の“逆転捜査”が本格的に始まっていく。その後、夏目と沙月の調べで、寺川は25年前に長距離ランナーとして活躍していた元陸上選手だったことが分かる。寺川と同期の陸上仲間で現在は実業団の陸上部コーチを務める黒木勝(天宮良)とトレーナー兼管理栄養士の山科真奈美(大谷みつほ)に会う。そこには寺川の教え子でもある陸上界期待の新星笹本遼(一井直樹)が練習していて…。控訴趣意書の提出リミットが刻一刻と迫る中、夏目連太郎と娘の沙月は、“事件に隠された真実“を見つけだすことができるだろうか?!


[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-25 06:09 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~「バイプレイヤーとタブー」
e0080345_05555076.jpg

なんだか怒涛の展開。

「バイプレイヤーズ」のフィルムを取り戻したものの、上映会をすると、そこには、映ってはならないもの…

‘芸能界のドン’が愛人と映り込んでいて、特に、事情を知る松重(松重豊)、光石(光石研)は浮かない顔に。

(伏せるピー音や、映像の遊びが可笑しかった)

そこに朗報。「バイプレイヤーズ」を新たに取り直す案。なぜか潤沢な資金提供もされました。

そして、岡田将生などの青春スターを迎え、新たな「バイプレイヤーズ」は大評判。

映画祭で賞を取るまでのヒットとなり、大杉(大杉漣)が受賞スピーチしようとした時、会場で鬼屋敷が刃物を携え切り込んできて…

最終回は、どうなる?!

    (ストーリー)

「バイプレイヤーズ」のフィルムを取り戻した6人。大杉(大杉漣)が「帰ったら上映会をしよう」と言う横で遠藤(遠藤憲一)、松重(松重豊)、光石(光石研)の顔は浮かない。夜、6人とジャスミン(北香那)は上映会をする。ラストシーンを撮れば完成だと意気込む大杉だが、光石は「これ以上は無理だ」と言い出す。‘芸能界のドン’が愛人と映り込んでいるのだ。強行すれば芸能界追放の危機という状況の中、ある提案が舞い込む。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-03-25 05:56 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
銀と金 TOP
from ドラマハンティングP2G
銀と金 TOP
from ドラマハンティングP2G
真昼の悪魔 第8話(最終話)
from ドラマハンティングP2G
精霊の守り人 TOP
from ドラマハンティングP2G
銀と金 TOP
from ドラマハンティングP2G
「東京タラレバ娘」3人娘..
from オールマイティにコメンテート
スター・ウォーズ フォー..
from 映画B-ブログ
最新のコメント
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
いつもお世話になっており..
by Dhunting at 16:42
こんにちわ、そよこさん。..
by noho_hon2 at 06:03
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)