ドラマと気分
e0080345_8445985.jpg「失恋した時、中島みゆきを聴く」ってのは、よく聞く話だけど、プチやさぐれ気分の時に、重くて暗~いドラマって、妙に合いますね

(場合によっては、はなからアウトだけど)

エネルギーが乏しいと、明るすぎるものや、エネルギッシュなものが「…だ、だめ…」ってこともありますが、そういうのもアリとは

(あっ、だから、あの「銭ゲバ」も、企画として成立し得たのでしょうか?)

だけど、同じぐらい、徹底的に、脳天気なオハナシ。
アタマ空っぽ系は、それはそれで救われます

エンタメも、そんな世の気分と、微妙にリンクしてるのかな?
時代劇がウケてた頃や、お笑い全盛も、案外、そういう反映だったりしてね

思いっきりショーワな匂い、プンプンな「駅路」と、
これもか!に、イマドキ感・炸裂っな「アタシんちの男子」の落差。
ある意味「…す、すごい…」思わず感動してしまいました

ちょっと、考えさせられたのでした (^-^;)ゞ
[PR]
by noho_hon2 | 2009-04-15 08:54 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10052881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 白い春 アタシんちの男子 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
土曜ドラマ『ウチの夫は仕..
from レベル999のgoo部屋
青空エール
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)