戸田恵梨香、佐藤隆太
再放送を見てると「あ~~、あのヒトが、こんな役で出てたんだぁ」とか

(少し前の「ひとつ屋根の下」なんか、相棒の亀山薫役、寺脇康文が、やや不器用な、生真面目・青年役で出ていて、ビックリ ←顛末は、アンちゃんが、村上里佳子、演じるジャスミンさんに片想いして玉砕するオハナシ、なんですがね)

発見感覚に、思わずムフムフしてしまうのですが、感慨深いのは、むしろメインに近いところの方が、「あの人は今?」になってるケースの多さ。

「そうかぁ… なまじ、主役にほど近い場所までのぼりつめちゃうと、その後のオシゴト的に難しいのかな?」と、長いスパン的には考えさせられるものがあります
(織田裕二なんか、今さら脇に回れませんものねぇ)

そういう意味で、主役もバッチリ。
コメディ、シリアス、漫画チック…と、じつに、さまざまなジャンルを、すんなりこなし、脇にまわっても、程よい存在感… として注目なのが、このおふたかた

戸田恵梨香佐藤隆太、であります。

だって、戸田恵梨香。パッと思いつくところでも、「野ブタ。をプロデュース」では美人な優等生だけど、ちょっとグッスンな役回り。「花より男子2 」では、やや微妙な意地悪ちゃん。「デスノート」では、アニメチックなアイドルだったし、

「LIAR GAME」ではヒトを疑わない徹底的に、お人好しのヒロインで、しかも主演!
「流星の絆」の妹役。そのデリケートで可憐な存在感も記憶に新しいところ。

でも、常の、その場の空気や雰囲気。世界観を、つかみ、確実な立ち位置で、いいシゴトしてるなぁ… な印象に「へ~っ」と感じてしまいます。

(ある意味、独特の存在感。そこにいるだけで、物語自体に、フレーバーさえ漂わせる個性? 吉高由里子とは好対照!かもしれませんね)

同じく、佐藤隆太。ずっと、脳天気で元気が取り柄のアンちゃんだったけれど、「バンビ〜ノ!」では、愛はあれど、やや不器用な、ちょっと気難し目な先輩。

ついに「ROOKIES」では熱血先生役で主役をはったし、でも、今回の「婚カツ!」では、得意の脳天気アンちゃんで、イイ味だしてること

主役も脇も、すごく上手にできる俳優さん… 
(あっ、そういう意味では、佐々木蔵之介もそう、ですね)

長い目でみると、めちゃくちゃ、お得なのかな?
その活躍ぶりが、今後も大いに興味津々 (^-^*)
e0080345_9244588.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-04-28 08:43 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10135092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from rookies 映画 at 2009-05-06 00:49
タイトル : rookies 映画
rookies 映画主演 森田 まさのり、阿仁や、早稲田、河埜たちが名言を夢小説のように新庄に語りかけます ... more
<< カタログハウスの店 名探偵の法則 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)