レオン
e0080345_17122653.jpg凄腕だけど、生き方は不器用な異邦人の殺し屋と、悪徳警官に家族を殺され、ひとり生きのびた12歳の少女の物語

ストーリーが明快な分。繊細な表情の演技が光ります。スティングのエンディング・テーマを含めて、音楽もまた絶品。

とにかく、キャスティングが素晴らしい。
たぶん、ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン(特に、その悪役ぶり。キレた演技、抜群!)の最高傑作のひとつでは?

個人的に、「レオン」と「ニュー・シネマ・パラダイス」は、むしろ“想像の余地がある”、完全版でない方が好き♪

ヨモヤマ話的に、ベッソン監督とジャン・レノは大親友で、「ニキータ」にも、チョイ役の殺し屋として出演してるのですが、そのイメージを膨らませ、初の米国での作品。わざと、ジャン・レノを「異邦人で、言葉が苦手」という設定した、というエピソードが興味深いなぁ、と感じました

e0080345_1712237.jpg実際、ファッションも、ニキータに出てきた黒づくめの大男姿に似てますよね。(右写真、「ニキータ」より)

あと、オーディションで選ばれた、マチルダ役のナタリー・ポートマン。新人でありながら、すでに大女優の片鱗を感じるのは私だけ? でも、この年齢ならではのバランスと輝き

印象に残ったのは、「今後のため、あえて、家庭環境のしっかりした、聡明な子を選んだ」ってのも「…なるほどなぁ」なものがありました

(実際、その後、学業も怠らず、ハーバード大学に進学して… すごっ!)

ルパンとクラリスか、レオンとマチルダか、こういうデリケートな関係を描いた最高峰のひとつ、かもしれませんね。実際、人気もめちゃくちゃ高いし…

役者として、これだけの“愛され”作品に出演できたら、それだけで本望… かも
でも、願わくば、この3人には、もうひと花咲かせて欲しい気がするのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2009-05-13 16:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10232928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 甘い生活 フィフス・エレメント >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コード・ブルードクターヘ..
from レベル999のgoo部屋
「コード・ブルー-ドクタ..
from 三毛猫《sannkeneko..
【コード・ブルー-ドクタ..
from ドラマ@見とり八段
コード・ブルー3 第6話..
from 平成エンタメ研究所
コード・ブルー~ドクター..
from ディレクターの目線blog@..
青空エール
from 象のロケット
映画「青空エール」
from FREE TIME
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)