甘い生活
e0080345_7494884.jpg
たしか、あの「道」のフェリーニ監督の代表作のひとつ、だよねぇ…、との好奇心から眺みてみたら… ほとんどストーリーはありませんでした。

とくに現代では、めちゃくちゃ見る人を選ぶ…かも

でも、今から50年前。既に、「パパラッチ」という名称も、そういう存在もあり、えらくホットなのに感心

昔も今も、セレブというか、有名人の一挙一動や、とくにゴシップの類。刺激的でサプライズに満ちた事件の詳細を知りたい、大衆の好奇心は変わらないのかな?

(考えてみると、あの「ローマの休日」の男性陣も、そういう目的で、“特ダネ、げっちゅう”をもくろむ新聞記者達ですもんね)

実際、主人公も作家を夢見たものの、今はしがないゴシップ記者に甘んじている男であり、華やかだけど、ちょっとヤンチャで八方ふさがりな毎日

かぎりなく「動く雑誌」? 当時の退廃に満ちた風俗をあぶりだし、随所に象徴的なシーンがはいる、長い映像詩、でした。

でも、そこは「映像の魔術師」の異名をとる、フェデリコ・フェリーニ作品

冒頭のキリスト像、ヘリで空輸シーンから、街でのアレコレ。イベントに、ホームパーティの乱痴気騒ぎ、ラストの浜辺の場面に至るまで、退廃した生活の中にも、不思議な美しさと意味深さに満ちていて、「へ~ぇ」

私的には、キャスティングの魅力… いかにも銀幕的・香気に満ちたスターを“眺める”醍醐味があった気がします (^ー^*) 

甘さと色気、愛嬌のある美男子。「ひまわり」や「昨日・今日・明日 」の、マルチェロ・マストロヤンニと、タイプの違う美女達。アニタ・エクバーグ、「男と女」「モンパルナスの灯」のアヌーク・エーメ…などなど

考えてみると、現代でいう、ファッション誌とゴシップ誌、旅行誌に、ネット情報、等々。その昔は、映画って、そのもろもろを詰め込んで、ひととき、劇場の暗闇の中。観客を、はるかな異空間に連れて行ったんだなぁ、と、妙に、しみじみ

「こういう見せ方もアリなんですね」
フィフス・エレメント」とは別の意味で感心した次第
[PR]
by noho_hon2 | 2009-05-14 08:10 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10237244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from forever21 at 2009-05-14 23:52
タイトル : forever21
forever21のおしゃれな服を探してみませんか?... more
<< ハズレを楽しむ レオン >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
おんな城主 直虎 第42..
from みはいる・BのB
おんな城主直虎 第42回..
from 平成エンタメ研究所
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
科捜研の女17期第1話 ..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒16期第1話(10...
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)