時計仕掛けのりんご
手塚治虫の本を読んでたら、巻末のヨモヤマ話に「私は、まず、“タイトルありき”で考える」だか、「この作品の場合はそうした」みたいなヨモヤマ話が載ってて、「へ~っ」

短編集で「時計仕掛けのりんご」という作品があるのですが、本や映画の「時計じかけのオレンジ」の影響をうけた訳でなく、まったく単独でイマジネーションを膨らませ、発想した… らしいのです

基本的に、今でいう「世にも奇妙な物語」チックというか… もっとシュールでハード。恐怖系が中心な中。「ああ、これって、ピノコ誕生のルーツでは?」ってオハナシもあり、これまた、えらい感慨深いものがあったのでした

作家の方や、作詞作曲をする人の中には「この情景が描きたかった」「このシーン(フレーズ、メロディ)のために」「こと一行を言いたいがため…」ってな方もいらっしゃる一方、

「ガラスの仮面」の美内すずえによると、もはや最初からラストシーンが明快に頭の中にあり、そこに向かって描きはじめたそうで… 本当にいろいろですよね

「ハチミツとクローバー」の中。「その人の頭の中身を知りたい、と感じさせることこそが才能だ」みたいなくだりがあり「なるほど!」と感心したのですが、本当にそうだなぁ、と思わず (^-^*)
e0080345_1758538.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-06-12 18:01 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10418111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お茶目な、ショーウインドウ・2 歩く速さと、ヒット曲 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)