まんが道 (故郷編)
e0080345_17514342.jpgものすごく面白かった!です。こんなに克明でビビッドに描かれてるとは知りませんでした。

まるで奇跡のような結びつき。
希有な体験記であり、すぐれた青春期ですよね。

大きな才能をもちながらも、満賀道雄は、チビと運動音痴に悩み。相棒、才野茂は、のっぽであることに密かに心を痛め、他愛ない内緒に悶々。

しかし、ようよう「じつは…」と告白し(先に手塚先生の便りを見たこと)、すっきりするあたり、少年らしさに、思わず胸キュン

夢あり、友情あり、淡い恋心やイケズ君から、見守ってくれる親や仲間、厳しいけれど、優しいオトナ達… 貧しいけれど、のびやかな環境が、羨ましくもあり、素直に感動おぼえました。

とくに冒頭の、憧れの手塚治虫に逢えたドキドキ。その厳しい仕事ぶりを前(より高い完成度をめざし、千ページ描いて、過半数を捨てる大胆さ)ますます、自らの未熟さを恥じるくだり、圧巻です。

同時に、「なんて幸福な…」とも感じてしまうばかり。多感な頃、こういう出会いや結びつきがあること自体、奇跡のような出来事ですよね。あるいは才能は才能を引き寄せるのでしょうか?

満賀が淡い想いをよせた、いわば初恋の相手を亡くすあたり、ちょっと渡辺淳一のルーツを連想させて、ドキドキ (渡辺淳一の場合、この経験が作品として色濃く反映)青春のビターは、表現者をひとまわり大きくさせるのかな?

順番的に「バクマン」の方から先に読んだだけに、時代背景の差… とくにマンガのポジションや温度の違い。黎明期や成長期と、成熟期の差といった感で、なおいっそう、「なるほどなるほど」となってしまうものがありました。

これまでは、故郷編で、これから(たぶん)トキワ荘編
先月、NHKのドキュメンタリー・ドラマ「ザ・ライバル サンデーvsマガジン 少年週刊誌の闘い」を見た分。よけいに楽しみ楽しみ (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-06-19 15:44 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10460862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 相棒 DS at 2009-06-20 06:32
タイトル : 相棒 DS
「相棒 DS」に関連するブログを新着 10 件表示しています。... more
<< なりきりキティちゃん・2 D.Gray-man(ディーグ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)