まんが道 (上京編)
e0080345_17183511.jpg私、勘違いしてました。満賀道雄と才野茂のふたりは、高岡から上京して即、トキワ荘に入居したと思ってたら、じつは最初、親戚のもとに身を寄せてたんですね。(しかも2人で二畳)

そして、手塚治虫が退去するにあたり、その部屋に入居することになるとは、なんという奇遇!

しかし、天にものぼるキモチだけど、最初は、なかなか原稿料も入らない関係。敷金・礼金が工面できず、悩んでるところ、無骨だと思ってた、親戚のお父さんが肩代わりしよう、と申し出てくれたり、

蓋をあけてみると、手塚治虫が、そのまま敷金・礼金を置いていってくれる配慮をしていたり、夢を抱いた有望な青年達に対する、オトナ達の愛にジーーンとなってしまったのでした。

また、兄貴分な寺田ヒロオの細やかな気配り… 何度も、さりげなく近所の美味しいラーメン屋さんの出前が届いたり

(先日、実名でも登場する「松葉」が、今も味を守ってる旨が新聞に載ってましたね)

若さゆえの失敗で、突然、人気者になった嬉しさ。自分の許容量を知らずに仕事をひきうけてしまったばかりに、原稿を次々と落としてしまい、大失敗した時も、優しく励ましてくれ、しかも影で、フォローしてくれてた旨なぞ、涙なしで読めません。

また、それも、てっきり、人の良さ。「断りきれずに…」だと思ってたら、それも半分はあったでしょうが、帰省して開放感からネジがゆるんでしまい、ペースを取り戻せず… だったのも初めてしったことで「…なるほどなぁ」でした。

どの登場人物も思わず「…似てる!」なのですが、気のせいか、手塚治虫と寺田ヒロオには絵自体に、うんと愛と尊敬が込められてるのが印象的。「表現する」ってのは、そういうこと、でもあるのですね (^-^*)

人気者達が次々と集まりはじめたところだけに、続編の第二部も楽しみ楽しみ
[PR]
by noho_hon2 | 2009-06-22 17:32 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10479644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 扇風機がぴかぴか がっちりマンデー!! (コクヨ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
わにとかげぎす (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
超高速!参勤交代 リターンズ
from そーれりぽーと
火曜ドラマ『カンナさーん..
from レベル999のgoo部屋
僕たちがやりました 第1..
from レベル999のgoo部屋
カンナさーん! 最終話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました 最終..
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)