浮雲
先日、『放浪記』における高峰秀子の“ガラスの仮面”ぶりに唸ったので、そういう興味から、チェックしたんですが… この作品、浮雲では、美人というより、ほとんど、怖いぐらいキレイッ!

e0080345_16185688.jpgあまりに毅然とした、他を圧する美貌に、ほとんど唖然呆然… だったのでした。

オハナシは戦時中の異国(インドシナ)で出遭った男女の、とめどたく“堕ちていく”オハナシなのですが、自堕落男を演じる森雅之も秀逸なら、高峰秀子の、逆境にありても気品あふれる輝きが、じつに印象的。

なぜか脳裏を、沢田研二の名曲。『 時の過ぎゆくままに』がよぎってならなかったのでした。あの世界を独特の美意識で映像化したら、こんな感じ…かも

個人的に印象に残ったのは、岡田茉莉子の、一種独特な、インパクトある美貌に「あっ、この人、殺される…」と直感したんですが、思いっきりビンゴぉぉ!で、これには、ひっくり返ってしまったのでした。

きくところによると、この作品を見て、あの小津安二郎監督が「ボクには撮れない…」と唸ったそうですが、(負のベクトルを)きわめた美学ですよね。…ひたすら、圧倒されるばかり。

ますます、成瀬巳喜男監督、おそるべし!
[PR]
by noho_hon2 | 2005-09-22 16:28 | 映画 | Trackback(3) | Comments(1)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1062056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from BLOG IN PREP.. at 2005-09-26 16:31
タイトル : 「浮雲」 戦後日本が滅ぼしたもの
成瀬巳喜男監督の代表作、「浮雲」を鑑賞。この作品の高峰秀子も素晴らしかった。 戦時中、赴任先のインドシナで不倫関係に陥った幸田ゆき子と富岡兼吾。終戦後、ふたりはそれぞれ東京に戻る。そして居場所を失った男と女が、別れてはよりを戻しながら破滅していく姿が描か..... more
Tracked from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ at 2005-10-01 13:10
タイトル : ★「浮雲」、最強カップル?★
 「浮雲」 (1954) キャスト(役名)高峰秀子(幸田ゆき子)  森雅之(富岡兼吾)中北千枝子(妻邦子)  木村貞子(母)山形勲(伊庭杉夫)スタッフ監督:成瀬巳喜男    製作:藤本真澄   原作:林芙美子脚色:水木洋子  &...... more
Tracked from きらきら星の気ままにダイ.. at 2005-10-01 19:50
タイトル : 浮雲
何年も前から 見たかった「浮雲」を BSで見た 今で言う「不倫もの」  主演 高峰秀子 森雅之 監督 成瀬巳喜男  昭和30年作 戦中戦後を舞台にした メロドラマ     {/apples/} 優柔不断な男と一途な女のお話 {/cherry_red/} ずるずると追い続ける女                来ないと死ぬから。。。と         電報を打ってまで 会いに来させ        会うたびにオトコの非情さを責め        自分は利用されたと 嘆き悲しむ・・・ ...... more
Commented by noho_hon2 at 2005-10-01 22:07
きらさん、はじめまして。私も、浮雲には訳の分からない無意識部分で“無性に感動させられる”ものがありました。とにかく、すっごく美しかった!しね。これからも、どうぞ、よろしくお願いします。
<< MONSTER 新しいブログでのスタートです >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)