トランクいっぱいの愛の物語
e0080345_8292898.jpg実家には、かつて長く、レトロ・トランクいっぱいに詰められた父と母の往復書簡がありました

母いわく「私たちは、むしろ結婚してから恋したのよ…」

新婚早々から、約3年に渡り、諸事情から広島と宮城に別れて住むことになったふたりは、(実家の事情。長女の母は、働くのをやめる訳にいかなかった)「ほとんど日記」を毎日、送り合ったのです。

まだ、連絡網や交通網が、充分に発達してなかった時代です。七夕さんよろしく。逢瀬の日を1日千秋の思いで待ちこがれた二人は、どんな思いだったでしょうね。

貯金をはたいての、束の間の時間。別れたあとは、目にするもの全てが切なくて、懸命に片付けたとのこと。母の気丈さと思いの丈の深さがうかがえます。

「(将来)喧嘩をしたら、一緒に読もうね」とのことだった、とのこと

その束は母の実家の倉で保管され、伝説化して、いとこ達の乙女心をいたく刺激した模様でした。定年になって持ち帰り、ある時期までたしかにあったのですが(もちろん、私の思春期にも多大なる影響を与えました)ごく最近。それが消えてるのが判明。

父も照れくさかったのかな? こっそり処分してた模様。

私も(無意識の内)、憧れて、学生時代、かなり沢山の手紙を送りました。
ただ、惜しむらくは、相手が、あまり筆まめじゃなかったので (^^;)ゞ
ほとんど、あしながおじさんのジュディ状態

でも結果として、縁はほどけず、それ意外では、ほとんど文章を書かなかった私を彼が、ネットという世界に引き込むきっかけになりましたから、不思議といえば、不思議

今は幻となった、昭和の恋物語 (^-^*)o〇O なのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2009-08-26 08:17 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/10964482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ガンダム前、結婚式 島田紳助と、マドンナ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画『シン・ゴジラ』評―..
from 徳丸無明のブログ
相棒 season16 ..
from 英の放電日記
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
先に生まれただけの僕 第..
from 平成エンタメ研究所
土曜ドラマ『先に生まれた..
from レベル999のgoo部屋
コウノドリ #06
from ぐ~たらにっき
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
金曜ロードSHOW!『デスノ..
at 2017-11-19 08:53
先に生まれただけの僕 「プラ..
at 2017-11-19 08:45
すなば珈琲
at 2017-11-18 16:11
池田 勉 写真展 潜伏 長崎..
at 2017-11-18 16:05
新宿セブン 第6話
at 2017-11-18 06:35
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)