ブレードランナー
e0080345_13115227.jpgああ、二人して、なんて記憶がザルで鳥頭… 何度か見てるはずなのに、「ブレードランナー」ってそういう意味だったのかぁ、と、冒頭説明に感心。すっかり忘れ去ってたのが全く同様で、あな、恥ずかしっ (^^*)ゞ

(未来における科学の発展結果。人間より優秀になってしまったアンドロイド。レプリカントが感情をもちはじめ過酷業務に疑問。反乱したため、その捜査官および殺し屋もまた警察に相当する立場になった?)

おまけに、バージョンがわらわらとあるため、すっかり勘違い

じつは今回みたのは、最初の劇場公開版で、そちらは、むしろアンハッピーエンドで、あとのバージョンがハッピーエンドだと思ってたのですが

ファイナルカットと並行してオンエアされると、むしろ、劇場公開版が甘い余韻。ファイナルカットは容赦なく最後の部分を全部、すっぱりカットしてあるのに「ひぇ~っ!」 驚いてしまったのでした

個人的に、この作品を知ったのは、かなり遅く、「ETと同じ年に公開されたされた為、損して、どんどん後からカルト人気」って予備知識と「ブレードランナーは絶対、秋葉原がイメージモデルですよ」ってな、ヨモヤマ話。

雑誌の映画特集に掲載されたダリル・ハンナ演じる、不思議化粧のアンドロイドお姉さんが、バック転しながら逃げるシーンのイラストから知ったため、「こ、こんな作品だったの?!」と、びっくりした記憶あるのですが

現在みると、「攻殻機動隊」の未来都市像が混沌とアジアンなのは、この作品の影響?とも感じてしまったりしてね。

どこかで、スターウォーズが成功した一因は、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)がいたおかげ、との声に「なるほど!」と感じたのですが、これまた、未来都市にハリソン・フォード、似合ってました。レプリカントのお姉さんも美しいし…

最後の敵役がシルバーの短髪でインパクトあるのも、なんか「ビバリーヒルズ・コップ」や「ロッキー」「ターミネーター2」を彷彿させますよね

独特の映像美が、四半世紀以上前の作品と思えぬほど素晴らしく、同時に茶の間では「でも、ブラウン管じゃないよね~~」とか「テレビ電話でなく、携帯になったんだよな~」等々。四半世紀以上前に想像された未来像への突っ込みまくりも楽しかったです。

いろいろな意味で興味深かったです。満足

PS:それにしても原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の電気羊って、何?
   想像力を喚起させる、なんともうまいタイトルですよね、しみじみ

   (我家では、この電気羊でもまた、「基本寿命が決まってるので、なんか意味ある
    んだろうね」と、話題沸騰)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-10-04 13:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/11282631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< さんまのスーパーからくりTV ユニクロ銀座店 リニューアル >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
WALL・E / ウォーリー
from Akira's VOICE
映画評「蜜のあわれ」
from プロフェッサー・オカピーの部..
WALL・E/ウォーリー..
from 佐藤秀の徒然幻視録
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
あなたのことはそれほど 最終..
at 2017-06-21 07:25
TOO YOUNG TO D..
at 2017-06-20 08:50
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)