海馬―脳は疲れない
e0080345_16524281.jpg素朴に「すっごく面白かった!」です。やはり、それぞれの分野の第一人者が、それぞれの興味に従って、「読み解く」って、実に味わい深いですよね。

思えば、超・人気作家、というより、個人的に、現代のシャーマンと感じる村上春樹と、これまった、たいへん現代の賢者、とお呼びしたい、河合隼雄

その2人がと対談した『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』が、本が発売になった時、新聞でミニ企画としてのコーナーに紹介されてた段階で、すっごく興味深かったのが印象に残ってるのですが、知識のピコリ~ン体験としては、それ以来の快挙!かも。

たとえば、かの人気・長寿番組。『開運! なんでも鑑定団』が、これほどのとして、衰えぬ視聴率をキープし続けてるのは(似たような番組は、みたコケたのにね)、企画の勝利もあることながら、

司会者に、島田紳助と石坂浩二を配した、そのドジョウ鍋なセンス(石坂浩二の博学な臭みを、島田紳助のお笑いセンスで、イイ感じに中和)が素晴らし~~っ!と感じてるのですが、それぐらいの「組み合わせ、の絶妙さ」をおぼえることしきり。

個人的には「脳は疲れない(だって、寝てる時だって“夢をみたり”とか、大車輪)」とか「年齢による衰え感は錯覚。働きが変わってくるだけ」「30歳は人生の縮図」みたいな発想が、面白いなぁ、と感じました。

エピソード的には、手塚治虫の超人的な仕事の様子と、それに告示してる宮崎駿のさま、って部分に「やっぱりぃぃ!」と感じたナ…

だって、手塚治虫が亡くなられた時、みんな嘆き悲しみ、ますます彼を神様のように崇める中、ひとりだけ彼が、アマノジャク発言してるのが、うんと印象に残りました。

私は密かに、それを宮崎氏の、決して形式でない、並々ならぬ“悼むキモチ”と密かな慟哭ぶりが伝わってきて、すっごく心に残ったのですが、これを読んで、ますます「そっかぁ。彼等は、ある意味ウリだったのね」と納得できた気がして。

読みやすさ、抜群。ふとした雑学、小ネタの宝庫として。あるいは「なんだか無性に、元気の出る本」として、ぜひ、おすすめっ!
[PR]
by noho_hon2 | 2005-09-27 17:11 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1144765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 自由が丘、散策 この連休の収穫♪ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
WALL・E ★★★★★
from TRIVIAL JUNK B..
蜜のあわれ
from 映画的・絵画的・音楽的
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)