バンビ〜ノ!
e0080345_1552834.jpg松本潤が主演した、ドラマのファンだったので、とくに序盤なぞ、あまりにも忠実!で(厨房の様子から、その熱気。アングルに至るまで)、感動おぼえました。

さすがに途中からは随分、アレンジされていて、戸田恵子が演じた気むずかしい女社長の下りは、半分だけ、はしょって再現したんですね。

でも、彼女のプロフィールや昔のエピソード等々は難しいけれど、うんと味だったのでドラマでも見せて欲しかったような気がしたのでした。

でも、それには戸田恵子では、やや若すぎたかな? 彼女の生き様や、光と陰。オーナー。宍戸鉄幹(ドラマでは市村正親)との深みのある歳月を重ねた友情にもジーーーン。

このあたり、若者を見守り、憧れられるオトナの友情が、 鉄幹と遠藤(山本圭) ←郷里で伴を料理の道へと導いた人物。で代表し、例のトリオへと上手にアレンジしたのかも、と感じてしまったりしてね。岡田脚本ワールドらしいなぁ、と、しみじみ

ドラマで大好きだった与那嶺(北村一輝)は、本当に忠実! 髪型まで、そのもの!だったのには、思わずプププ… だったのでした。でも原作では、な、なんと、オーナーの娘。宍戸美幸(内田有紀)と、元・婚姻関係って設定に、どひゃ~~! 思わず、のけぞってしまうことしきり。

なんと、ドルチェ修行では、コンクール受賞の快挙まで遂げたのには、びっくり

原作では、元・恋人の恵理しゃん(吹石一恵)が、他の人と、あっさり結婚までしちゃうしね(せめてもの、はなむけを料理で伝えるのも、この物語らしい)あらま

やはり、青春・成長モノは、それだけでキモチイイですよね。対決は、わくわくさせられます。壁にぶちあたるたび、どんどん殻を破って大きくなっていくのが素敵。個人的には、NY編はダイナミックだったけれど、やはり日本編の最初の方が好きでした。

さすが、平成19年度、小学館漫画賞一般向け部門受賞作品
面白かったです。満足
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-19 16:14 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/11612712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ハローキティ×ガチャピンムック 相棒8 背信の徒花 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
デスノート Light ..
from だらだら無気力ブログ!
デスノート Light ..
from 西京極 紫の館
陸王 第5話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第46回..
from 事務職員へのこの1冊
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
日曜劇場『陸王』第五話
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)