龍馬伝 土佐沸騰
e0080345_7542983.jpg前回、甘口だった恋バナの終わりから、うってかわって骨太&ダイナミックに。ついに音をたてて歴史が動き始めました。なにかを手放して学んだ、男の脱皮&成長の巻です

結婚を約束してた加尾(広末涼子)は京都に送られてしまい、弥太郎(香川照之)は長崎で、いったんは、引き立てられてたものの、藩の金を使い込み、解任されて土佐に戻ってきました

江戸では朝廷を無視して開国した大老・井伊直弼(松井範雄)が、水戸浪士たちによって殺され、「桜田門外の変」が起こります。

半平太(大森南朋)は土佐藩を攘夷一色に染め、やがては朝廷を動かし幕府の開国政策を改めさせようと考えるものの、煽りすぎて、不満をため込む下士をして、ついに龍馬(福山雅治)の嫌な予感、的中。トラブルが起こってしまいました

池田虎之進(笠原秀幸)の弟・忠治郎(菊池有樹哉)が、酔った上士により斬り捨てられたのです。怒った虎之進は、上士の山田広衛(世古陽丸)たちを斬り捨ててしまいます

一発触発の状態。龍馬は、以蔵(佐藤健)ら下士達を諭し、刀を置き上士の元へ説得へ向かいます。ここで、話を聞く役に、吉田東洋(田中泯)登場。1人でやってきた龍馬をひとかどの者でないと見抜きます。

話を聞いた東洋は、上士に刀を収めるよう命じ、象二郎(青木崇高)に、半平太と話し合うように命じたのでした。結局、発端となった虎之進が腹を切ることで、収拾が付きます。

しかし、事の次第を聞いた龍馬は、兄・権平(杉本哲太)の娘である姪の春猪(前田敦子)に、つぶやきます。

“死んだら、終わりぞ
 どうして、こういう、始末の付け方しか、出来んがぜよ

一方、“ケンカをせんと、世の中を変えるのは無理”と覚悟を決める半平太。

そんな中、使い込みをした弥太郎は、東洋に使われることになり、再び龍馬のもとにあらわれます。龍馬の豪胆さに、彼を上士にひきたてたい、といいだします。すぐには返事できない彼。考えさせて欲しいという彼ですが、そろそろ土佐自体に居場所がなくなり、窮屈さを感じ始めてたのでした

そろそろ、ボンボン、あいやいや、人のいい好青年だった龍馬・青春編の終わりでしょうか? 無邪気な笑顔の無くなった龍馬。ますます、吉田東洋役の田中泯と乙女姉さん、寺島しのぶの存在感が光ってますね。

この対決や、きっかけによって、私達が知ってる龍馬の活躍がはじまる? でも、根にあるもの。温かい家族愛で育まれたベースは変わらないと信じつつ… 大いに楽しみ楽しみ
[PR]
by noho_hon2 | 2010-03-15 08:24 | ドラマ | Trackback(27) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/12311135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from よかったねノート 感謝の.. at 2010-03-15 09:09
タイトル : 龍馬伝「土佐沸騰~捨身のヒーロー」
さあ、ひと足お先に加尾さんが京都へ送られるということになることが決定した前回、第10話「引きさかれた愛」でした。「龍馬伝」初話から10話で一番劇場型で展開の速かった、舞台は「龍馬の家」「加尾(平井)の家」「いつもの神社」「柴田さまのお屋敷」「武市道場」「お城」「江... more
Tracked from 政の狼 〜TheWolf.. at 2010-03-15 09:41
タイトル : 第11回「土佐沸騰」
嫁入りしても、愚痴は止まらぬ…龍馬の実姉・乙女は岡上家に嫁入りしたのはいいものの、なにかと馴染めないというか、いや。実は楽しんでもいるのだろう…龍馬には、加尾のあの衝撃的な別れが頭から離れられない今、どこ吹く風だがな。しかしまあ、乙女の右隣に座っていた...... more
Tracked from 昼寝の時間 at 2010-03-15 10:28
タイトル : 龍馬伝 #11「土佐沸騰」
安政7年(1860)、24才(数え) . 公式サイト . 加尾が土佐を去って2年... more
Tracked from 一言居士!スペードのAの.. at 2010-03-15 10:30
タイトル : 龍馬伝〜第11話 感想「土佐沸騰」
龍馬伝ですが、庭の鶏も自由に動き回るなか坂本龍馬(福山雅治)は一家団欒で食事を楽しみます。乙女(寺島しのぶ)が岡上家について悪口雑言の限りを尽くしますが、岡上某(温水洋一)は驚異的な吝嗇家で、勿体ないからシジミの殻まで食べ尽くし歯が欠けたという武勇伝まであります。これには坂本家大爆笑ですが、龍馬は平井加尾(広末涼子)との悲恋を引きずっており上の空です。龍馬と海はよく似合います。 一方、岩崎家では岩崎弥太郎(香川照之)長崎大活躍の手紙に父親(蟹江敬三)も母親(倍賞美津子)も大喜びです。不自然なまでに可...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2010-03-15 11:42
タイトル : 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」
 龍馬(福山雅治)の顔が変わった。  これまでにも様々な表情を見せてきた龍馬だったが、その顔からは笑顔がなくなっていた。  その原因は加尾(広末涼子)。  「わしは甘かった」と龍馬は言う。  龍馬は、現実の厳しさを理解し、理想やひたむきな心だけではダメだと思ったのだ。  現実的に生きなければならないと思ったのだ。  龍馬の現実との闘いが始まる。  だが、なかなか手強い。  上士と下士の争いを捨て身で収めたが、結局、上士を斬った池田は切腹。  「死んだらおしまいじゃ。どうしてこんな片のつけ方しかできん...... more
Tracked from またり、すばるくん。 at 2010-03-15 13:56
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」第11話
第11回「土佐沸騰」... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2010-03-15 15:43
タイトル : 龍馬伝 第11話「土佐沸騰」
龍馬(福山雅治)は、結婚を約束した加尾(広末涼子)が京都に送られて しまうことになり、落胆していた。 弥太郎(香川照之)は長崎で藩の金を使い込み、役を解かれて土佐に 戻って来る。 一方、江戸では朝廷を無視して開国した井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士 たちによって... more
Tracked from 徒然”腐”日記 at 2010-03-15 15:57
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」第11回『土佐沸騰』
若干ネタバレしますがあくまでも個人的な感想レポです。多少ウザイ突っ込みも入りますので苦手な方はバックプリーズ桜田門外の変から始まった今回・・・・・安政の大獄についてもさら〜〜〜〜っと流されちゃいましたね井伊直弼のこと、水戸藩士の思想水戸学についても何ら...... more
Tracked from しっとう?岩田亜矢那 at 2010-03-15 16:28
タイトル : 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」
憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限り 「上士にしてやる」という甘言なんぞには なんら価値観を感じない、 そんな龍馬の方が当時の地方の侍としては特異だったのかも知れない。 てか、吉田東洋が龍馬をあれ程買っていた(恐れていた)なんて事実があったのかな〜 山内容堂がずっと後年、龍馬が歴史の表舞台に立った頃でも 「坂本龍馬?そんな奴土佐におったじゃか?」...... more
Tracked from こちら、きっどさん行政書.. at 2010-03-15 16:29
タイトル : 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」
憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限り 「上士にしてやる」という甘言なんぞには なんら価値観を感じな... more
Tracked from レベル999のマニアな講義 at 2010-03-15 17:38
タイトル : 龍馬伝 第11回 土佐沸騰
『土佐沸騰』内容龍馬(福山雅治)がプロポーズをした加尾(広末涼子)が、半平太(大森南朋)たちの策により、京へと向かうこととなり、ショックを受ける龍馬。同じ頃、長崎へと向かったハズの弥太郎(香川照之)であったが、突然、、、、、土佐に帰ってくる。藩の金を使...... more
Tracked from 山南飛龍の徒然日記 at 2010-03-15 18:04
タイトル : 【大河ドラマ】龍馬伝第11回:土佐沸騰
物語が大きく動き出しましたね!【今回の流れ】・長崎で金を使い込んだ弥太郎が、役職を解かれて土佐へ戻って来る・江戸では、開国派の井伊直弼が水戸藩士に討たれる(桜田門外の変)・桜田門外の変に刺激を受けた半平太、土佐を攘夷に染めようと下士を鼓舞 煽りすぎるな...... more
Tracked from 見取り八段・実0段 at 2010-03-15 18:59
タイトル : 【龍馬伝】第十一回
安政七年。弥太郎は藩の金を芸者に使い込み、お役ご免となって長崎から土佐に戻ってきた。この年、江戸では桜田門外の変が起こり、水戸の浪士たちの手によって大老・井伊直弼が暗殺され、土佐では、山内容堂の蟄居が解ける。幕府が帝を蔑ろにして、異国を受け入れた報いじ...... more
Tracked from キッドのブログinココログ at 2010-03-15 19:12
タイトル : 尊礼拝見仕り候、私撃剣家故に事情迂闊、何事も存じず(坂本..
藩とは国である。たとえば土佐藩ならば土佐の国と云う。 当時の日本は大小無数の国家の連合体で日本国というものは幻想でしかなかった。 その連合体を実質的に統治するのが江戸幕府である。 幕府の首長は征夷大将軍である。その役職は京都朝廷に承認されている。 君臨すれど統治せずは蘇我氏、藤原氏、平家、源氏、足利... more
Tracked from センゴク雑記 at 2010-03-15 20:40
タイトル : 「龍馬伝」 第11回、土佐沸騰
大河ドラマ「龍馬伝」。第11回、土佐沸騰。 土佐の上士・下士が衝突? そして、今回の龍馬は、男にモテモテ?w ... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2010-03-15 20:45
タイトル : 「龍馬伝」第十一話
片鱗を見せ始めた男を認め始めた周囲。 第十一話『土佐沸騰』... more
Tracked from ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日.. at 2010-03-15 20:56
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」第11話「土佐沸騰」
土佐に吹き荒れる嵐----------!!乙女姉の嫁入り先は、しきたりが厳しかったり、しじみを貝殻まで勿体ないと言って食べるような家のよう。あの人ならやりかねないなぁ。でもそれで前歯を欠けさせたって、笑い話しですやん(^^)なのに・・・加尾との別れ以降、沈みがち...... more
Tracked from みはいる・BのB at 2010-03-15 21:04
タイトル : 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」
『龍馬伝』 のお時間です。 まずは、あらすじ・・・・・・・... more
Tracked from 雨ニモマケズ 風ニモマケズ at 2010-03-15 21:10
タイトル : 大河ドラマ 「龍馬伝」 #11 土佐沸騰
荒れる土佐。 攘夷の嵐が吹き荒れる・・・。... more
Tracked from お地蔵さまの寄り道 at 2010-03-15 21:37
タイトル : 大河ドラマ 龍馬伝 11話
第11話 土佐沸騰 弥太郎。。。どぉしたん? また、カゴ売り。。。 次は、スパイ役に変身? なぜか?弥太郎、気になるし、憎めません。 可愛いです。     ましゃは、やっぱり今日も男前。 吉田東洋の貫禄&目力も凄い迫力があるけど、 ましゃの真剣なまなざし。。。 眉毛と眉間と目の形が。。。 素敵ぃ〜〜〜 にらみ付けるような目の後の、爽やかな笑顔。 乙女姉やんも、 そら 「旦那さまより、龍馬が大事」って言うよ。   私。。。...... more
Tracked from 星の王子様の宝箱 at 2010-03-15 22:12
タイトル : 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その11
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日... more
Tracked from shaberiba at 2010-03-15 22:20
タイトル : 龍馬伝 第11話 「土佐沸騰」
「攘夷で国を守る!」と叫ぶ武市の本当にしたいことが・・ 土佐藩参政の東洋を引きずり下ろす事だと聞き呆然とする龍馬 「喧嘩をせんと、世の中を変えるのは無理だがじゃ!」 武市の言葉に・・どこか納得ぎ..... more
Tracked from ・*:・ふわゆら生活・:*・ at 2010-03-15 23:00
タイトル : ★「龍馬伝#11」何かを捨てて大物になった!?
乙女ねぇやんってばあいかわらず実家に入りびたりです〜そして龍馬はまだ失恋の痛手から立ち直ってはいないようです坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ) 岩崎弥次郎(蟹江敬三) 武市半平太(大...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-03-15 23:01
タイトル : 龍馬伝イレブン 「土佐沸騰」
「丸山の芸者ら 綺麗で色っぽうて 楽しゅうて楽しゅうて」百両を使い込んで、お役御免となった大馬鹿もんの弥太郎今週はギャグ・パートは、これくらいであとは、どっぷりシリアス・モード門弟を、あそこまで煽ることはないと龍馬は、武市に指摘するが「自分から世の中に...... more
Tracked from paseri部屋 at 2010-03-15 23:34
タイトル : 龍馬伝 第11話
「龍馬伝」(第11話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,寺島しのぶ,杉本哲太,宮迫博之,要潤,佐藤健,島崎和歌子,奥貫薫,青木崇高,松原智恵子,菅井きん,田中泯,蟹江敬三,倍賞美津子,近藤正臣江戸では井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士...... more
Tracked from 寿司屋の息子のブログ at 2010-03-16 00:15
タイトル : 【龍馬伝】第11回「土佐沸騰」から考えさせられたこと
昨日の龍馬伝はかなり見入ってしまった。テレビの中の緊迫状態が自分にもビシビシ伝わってきた。完全にテレビに対して前のめりになっていた。この「龍馬伝」、自分は毎週毎週楽しみにさせてもらっている。毎週日柚..... more
Tracked from 青いblog at 2010-03-17 09:26
タイトル : 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」
あらすじ 江戸では井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士たちに暗殺される桜田門外の変が起こる。土佐では上士によって下士が斬(き)られ、その仇(あだ)... more
<< 掛時計 ビューティ・トワレ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
地味にスゴイ!DX校閲ガ..
from レベル999のgoo部屋
TOO YOUNG TO..
from 銀幕大帝α
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぷち丸くんの日常日記
超高速!参勤交代 リターンズ
from to Heart
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
わにとかげぎす (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
超高速!参勤交代 リターンズ
from そーれりぽーと
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)