龍馬伝 寺田屋の母
e0080345_88843.jpg本当に龍馬ってば、お母さんとお姉さん(今も残る、ユーモラスな怒濤の手紙が何よりのショーコ!)が、だ~い好き!だったんですね。

完全にマザコンだけど、寺田屋の女将。幸(草刈民代)に親子ごっこしてもらい、子供みたいに嬉しそうな龍馬が見てて微笑ましかったです。

でも、草刈民代も真木よう子も、ちょっと違ったタイプの美形だけに、彩りがありますよね。歴史に翻弄される男達の奮闘も印象に残りますが、坂本家の女達じゃないけれど、女性陣も、なかなか… なのでした。

武田鉄矢、「仁」の洪庵先生といい、「龍馬伝」の勝先生といい、いい役が続きますね。彼は持ち味を活かせてラッキーだし、まさにナイス・キャスティング!

しかし… いやん、もう以蔵ちゃんを虐めないで~~って感じですよね。

出ました、毒まんじゅう! 最初は温情の差し入れか、と思いきや、毒まんじゅうときましたか。巻き込まれた弥太郎も、お気の毒。あまりのことに後ずさりしたキモチも分かるような気がしたのでした。さぁさ、どうする? 来週も目が離せません。ドキドキ


龍馬伝あらすじ (Yahooテレビより)

龍馬(福山雅治)は伏見の船宿・寺田屋で、亡き母・幸(草刈民代)にそっくりの女将・お登勢(草刈民代=二役)に出会い、思わず泊まることに。そして、お登勢に励まされ、新たな気持ちで神戸海軍操練所に戻っていく。

池田屋で多くの同志を殺された長州藩は、再起をかけて京に攻め入り、会津藩との戦いが始まる。後に蛤御門の変と呼ばれる戦いである。勢いに乗った長州軍に押される会津兵を助けたのは薩摩軍だった。長州藩は総崩れとなり、久坂玄瑞(やべきょうすけ)も自刃する。海軍操練所にも京の戦が知らされ、龍馬は自らの目で戦場となった京を見に行く。焼け野原となった京で龍馬は復讐を誓う桂小五郎(谷原章介)と出会う。龍馬は焼け出されたお龍(真木よう子)を、お登勢に託す。

幕府の内部では、長州を徹底的に叩くべきだという一橋慶喜(田中哲司)と、内戦は避けるべきだという勝麟太郎(武田鉄矢)が対立。勝は海軍操練所閉鎖を命じられてしまう。
[PR]
by noho_hon2 | 2010-06-21 08:19 | ドラマ | Trackback(20) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/12836126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 昼寝の時間 at 2010-06-21 10:44
タイトル : 龍馬伝 #25「寺田屋の母」
元治元年(1864)28才、慶応元年(1865)、29才 元号はもう変わりません... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2010-06-21 12:36
タイトル : 龍馬伝 第25話「寺田屋の母」
 お龍(真木よう子)と寺田屋・お登勢(草刈民代)のキャラクターがいい。  お龍は心を開けない女性。  他人に何度も裏切られ、酷い目にあって来たのだろう。  他人の好意を素直に受け入れられない。自分の力だけを信じて生きていこうとする。  そして他人との間に壁を作り、笑えない女性。  ラストで龍馬(福山雅治)がいなくなってから、小さな声で「う〜み」と練習する所が可愛い。  凛とした部分と可愛い部分、そして今まで生きてきた苦労が具体的に描かれなくても視聴者に伝わる描写。見事な人物描写だ。  一方、お登勢。 ...... more
Tracked from またり、すばるくん。 at 2010-06-21 15:33
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」第25話
第25回「寺田屋の母」 視聴率20.3%... more
Tracked from 函館 Glass Life at 2010-06-21 15:40
タイトル : 龍馬伝、自分で饅頭を食べていれば…
遂に禁門の変勃発{/v/} 久坂玄瑞をはじめとする長州の過激な尊王攘夷派によるクー データーですね。 池田屋事件で傷つけられた長州藩、京都での復権を目指した 久坂らでしたが結局失敗に終わるのです{/kuri_5/} 桂小五郎をはじめクーデターは時期尚早だと反対する意見も 無視{/baikin_2/} 長州に落ちた七卿らの思惑も重なり一発逆転を狙ったのでし ょうか?? 原理主義を貫こうとすると無理があるようですね{/cat_6/} 土佐では 過酷な拷問に耐えている以蔵{/hiyo_do/} 尊敬し信じ...... more
Tracked from 徒然”腐”日記 at 2010-06-21 15:49
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」第25回『寺田屋の母』
今回も突っ込みたくなる内容で~(笑)個人的感想が中心ですのでご注意ください。この辺り・・・・・・・歴史の流れとは違う順序で事が起こるのでどうにも座りが悪くていけません寺...... more
Tracked from キッドのブログinココログ at 2010-06-21 16:01
タイトル : 禁門の変と下関戦争の間に祝言をあげました(坂本龍馬)
元治元年(ほぼ1864年)・・・。 この奇妙な年を描くとなれぱ一年あってもたりないだろう。 幕末が最高潮に達するすべてがここから始まる。 前年に京都から追放された長州過激派は復活をかけて六月に池田屋に集結したがこれを幕府側に襲撃され計画は頓挫したように見えた。 しかし、長州軍は七月には再び兵を結集し... more
Tracked from 一言居士!スペードのAの.. at 2010-06-21 17:49
タイトル : 龍馬伝〜第25話 感想「寺田屋の母」
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は母親と瓜二つである伏見の船宿寺田屋の女将・お登勢さん(草刈民代)に出会います。 京都では長州藩による禁門の変も起こりますが、熊髭の豪傑・来島又兵衛が蛤御門で大暴れします。久坂玄瑞や真木和泉など歴史上の人物も討ち死にしていきますが、桂小五郎(谷原章介)は逃げの桂の異名どおり池田屋事件に引き続き生き残ります。(以下に続きます) ... more
Tracked from レベル999のマニアな講義 at 2010-06-21 18:00
タイトル : 龍馬伝 第25回 京と神戸を2往復以上
『寺田屋の母』内容京から神戸へと帰る途中の龍馬(福山雅治)は、伏見の寺田屋という船宿で、亡き母・幸にうりふたつの女性。寺田屋の女将・お登勢(草刈民代)と出会う。思わず泊...... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2010-06-21 19:08
タイトル : 龍馬伝 第25話「寺田屋の母」
龍馬(福山雅治)は、伏見の船宿・寺田屋で、亡き母・幸(草刈民代)にそっくりの おかみ・お登勢に出会い、思わず泊まることに。 そして、お登勢に励まされ、新たな気持ちで神戸海軍操練所へ戻って行く。 池田屋で多くの同志を殺された長州藩は、再起をかけて京に攻め入り、会... more
Tracked from 青いblog at 2010-06-21 20:10
タイトル : 龍馬伝 第25回 「寺田屋の母」
あらすじ 龍馬(福山雅治)は船宿・寺田屋で、亡き母そっくりのお登勢(草... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2010-06-21 20:23
タイトル : 「龍馬伝」第二十五話
蛤御門の変と海軍操練所の廃止。 第二十五話『寺田屋の母』... more
Tracked from センゴク雑記 at 2010-06-21 20:27
タイトル : 「龍馬伝」 第25回、寺田屋の母
大河ドラマ「龍馬伝」。第25回、寺田屋の母。 寺田屋の女将・お登勢は、龍馬の死んだ母とそっくりだった。 そんな展開から始まる今回の話ですw ... more
Tracked from 山南飛龍の徒然日記 at 2010-06-21 21:40
タイトル : 【大河ドラマ】龍馬伝第25回:寺田屋の母
長州が京を火の海にしてしまいました(´・ω・`)【今回の流れ】・寺田屋で亡き母そっくりの女将、お登勢に出会う龍馬 お登勢に励まされテンションMAXで海軍操練所へ戻る・長州藩は帝...... more
Tracked from お地蔵さまの寄り道 at 2010-06-21 22:18
タイトル : 大河ドラマ 龍馬伝 25話
第25話 「寺田屋の母」 男性はマザコンでいい。 母から、「生」をもらって、「愛」を与えられたから 強い男性となり、戦い、そして強くなり 「愛」を分け与えられるようになる。 男性の根底は「母」そんな気がした。 現代で、もっとも欠けを感じる「母性愛」 古代から、変わる事のない、人間形成の基礎やと言えると思う。 当然、本人の感受性も重要であるが、 自分は「愛されている」と思える事が重要。 「愛情遮断症候群」などと言う症候群が存在するべきじゃない。 歴史とは、かけ離れた事やけど、私はそう感じた。 ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-06-21 22:24
タイトル : 龍馬伝25 「寺田屋の赤の他人」
「わしの顔に見覚えはないろか? 昔、土佐におられた事は? 歳の離れた姉上はおりませんか?」姉妹やと思うんは、まだ許せるけど見た感じ、殆ど歳離れてへんのに母上本人と思うの...... more
Tracked from paseri部屋 at 2010-06-21 23:15
タイトル : 龍馬伝 第25話
「龍馬伝」(第25話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,佐藤健,真木よう子,大泉洋,要潤,谷原章介,平岡祐太,青木崇高,田中哲司,やべきょうすけ,草刈民代,武...... more
Tracked from まぁ、お茶でも at 2010-06-22 21:42
タイトル : ≪竜馬伝≫☆25
伏見で母の再来かと思ったのが、寺田屋の女将、登勢だった。 あまりに似ているので、それを話して、一遍でいいから、「母上」と呼ばしてくれと頼んだ。 「龍馬」と答え方がやっぱり違うと納得。30男が言うことかいな? 神戸村へ行くと言う龍馬と、新しい日本を創るのを応援してくれた。... more
Tracked from ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日.. at 2010-06-23 12:21
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」第25話「寺田屋の母」
母上---------------!!寺田屋で母そっくりの女性を見つけた龍馬。思わず声をかけてしまうくせに、目線をそらしたり・・・龍馬、まるっきり子供ですなぁ(^^)他人と分かっていても、...... more
Tracked from 空色レールウェイ at 2010-06-24 00:52
タイトル : 大河ドラマ「龍馬伝」 第25回「寺田屋の母」
第25回「寺田屋の母」{/kirakira/} 今回は龍馬にとって、大きなターニングポイントがありました・・・ が、まずは「蛤御門の変(禁門の変)」です。 久坂玄瑞を中心とした長州藩の尊皇志士たちは、再起をかけ「力」で京の帝を我が物としようとします。 そして、京都御所へ向け進軍を開始、御所へ向けても砲撃を行います・・・ 優勢に思えた長州軍の前に現れたのは、ここでも薩摩軍でした・・・ 形勢を逆転された長州軍は敗走・・・久坂玄瑞も自刃してしまいます・・・ この一件で、長州藩は朝敵とされてしまいました...... more
Tracked from よかったねノート 感謝の.. at 2010-06-28 15:30
タイトル : 龍馬伝「寺田屋の母」 心酔のヒーロー
似ていなくても、母であったなら父であったならという人に巡り合うものでありましょう。 そっくりな必要はないかなと思いますけれど。 そっくりなほうがドラマ的であります。 幕末エンターテイメントテレビ小説「龍馬伝」では、 一人二役草刈民代さんを擁して龍馬の母への思... more
<< つい、同じものを… 土下座ストラップ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
陸王 第9話
from MAGI☆の日記
日曜劇場『陸王』第九話
from レベル999のFC2部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のFC2部屋
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
映画『彼らが本気で編むと..
from yutake☆イヴの《映画★..
コウノドリ[2] 「第1..
from ディレクターの目線blog@..
『彼らが本気で編むときは..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)