オカルトの醍醐味は抜け道気分?
e0080345_18411376.jpgそうか。そうだったのか! 平成エンタメ研究所さんの「爆笑問題のニッポンの教養 オカルトは救いのシステム」というオハナシが、ものすごく膝ポン!

じつは、オカルト的な空気が、やや苦手。あの独特な雰囲気に、かぎりなく後ずさりしてしまいます。

でも、今でいうパワースポット。伝説の類も、異次元への入り口であり「楽に生きるためのシステム」って説に、思わず「な~るほど!」

なにを隠そう、根がかなりの怖がりぃ。よって、苦手なものがてんこ盛りでして、ホラーの類も気配からして回れ右、なのですが (^^;) 

ある時、知り合った友人(美人)が「ホラー、だ~い好き。スプラッターなんか、もう、血が騒いじゃうもんね。作り物ならではの醍醐味。見てるとワクワク、すっきりする」と聞いた時、めちゃくちゃ「へ~っ(そのような方もいるんだぁ)」。感心すると同時、「だから、人気あるのね」と、思わず目から鱗、落ちまくり、だったのでした

その時と同じぐらい、納得感に、溜飲がさがりました
私もまた、不可解がひとつ、ほどけて「楽に」なったです。ありがとう

あっ、今、気づいたけれど、だから自分には、昨今の医療モノ、事件モノの類の表現のリアルさに目を白黒、なのですが、それゆえ、世間の期待? 時代と共に加速してるのでしょうか?

ネットの醍醐味も、ある意味。一種、通じてるかも説には、さらにさらに、大いに共感
[PR]
by noho_hon2 | 2010-06-25 18:43 | 雑感 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/12858827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2010-06-26 11:44
タイトル : 爆笑問題のニッポンの教養 オカルトは救いのシステム
 爆笑問題のニッポンの教養。  今回は「京都パワースポット」。  安倍晴明の式神で有名な一条戻り橋や深泥池(みぞのがいけ)、貴船神社などが紹介された。  そこで紹介されたことは戻り橋や深泥池を境にして、この世とあの世の境目があること。  貴船神社の家来は鬼で、貴船神社の神様は人々の呪いを聞いてくれる神様であることなど。  それにしても人間はなぜこの様なオカルトなものを求めるのであろう?  番組ではこう考察していた。  ひとつは<現実では説明できない出来事を説明する手段であったこと>。  確かに不可解...... more
Tracked from 苦手科目 at 2010-06-26 16:42
タイトル : 苦手科目 克服
家庭教師と出会って成績アップ... more
Commented by コウジ at 2010-06-26 11:53 x
拙文のご紹介ありがとうございます。
最近、神道を題材にした小説を読んでいたら、そんなことが書いてありまして。
マツダの暴走事件を起こした犯人も、神道風に言えばきっと鬼に憑かれていたんでしょうね。
息苦しい現代には異世界や穢れを祓ってくれるシステム(ワールドカップの熱狂はそのひとつと思いますが)が必要なんでしょうね。


Commented by noho_hon2 at 2010-06-26 18:29
コウジさん、こんにちわ。わぁ、大感激♪ オハナシできて光栄ですぅぅ。キラキラ… いつも楽しみに愛読してます。

たしかに、極端な例かもしれませんが、先日のマツダの暴走事件も、「鬼につかれてた」のかもしれませんね。

異次元や物語の効用… ああ、たしかにワールドカップの熱狂も、そのひとつ、かも。(な~るほど!)もちろん簡単に納得するのはデンジャーですが、かなりのことが、これである種の納得できそうっです。思わず考えてみたいテーマ、なのでした (^-^*)
<< BAKUMATSU CHARA... 道頓堀川に100人ダイブ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
映画『彼らが本気で編むと..
from yutake☆イヴの《映画★..
コウノドリ[2] 「第1..
from ディレクターの目線blog@..
『彼らが本気で編むときは..
from みはいる・BのB
おんな城主 直虎 最終回..
from みはいる・BのB
陸王 第9話
from ぷち丸くんの日常日記
【おんな城主 直虎】第5..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)