リバー・ランズ・スルー・イット
e0080345_1754857.jpgずっと見てみたかった作品です。

たしか、公開当時。おすぎが「これは、ただただ、ブラピの美しさを堪能するためだけにあるの!」と力強く断言してて、ビックリ。その表情と台詞ゆえ、ひどく印象に残ったのですが、それに加え、モンタナの自然描写が、また実に素晴らしいこと…

調べてみると、カメラが、あの『ディーバ』を撮った方だそうで「なるほどなぁ…」。ひどく納得してしまいました。パリの街並もモンタナの大自然も、この人の手にかかると、最大限に、その美しさを引きだされて、すごいやすごいや。

ずっと、「兄の視点で、語られる」のが不思議だったのですが、物語が進むにつれ、「ああ、そういうことだったのか…」と、しんみり。ある意味で、この陽気で奔放、だけど憎めない弟役は、ブラッド・ピット以外「ありえな~い!」ってほどですよね。

ただ、ネット評では、やや物語的な起伏の乏しさ。淡々…ぶりが、難としてあげられてましたが、私は映画は、「スターと背景が、もう、ひたすら美しい」ってのもアリでは?と感じてしまいました。女優さんならずとも、初々しく美しい時に、その輝きを映像として残せるのは、素敵なこと。

たしか、この当時は、ブラピが「ロバート・レッドフォードの若い頃と、劇似!」と、評判でしたが、その方向性ゆえんか、最近、かなり差別化が進んできて(?)そういう意味でも興味深かったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-06 17:13 | 映画 | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1299429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Rusty's Cine.. at 2005-11-22 14:08
タイトル : もうすぐ来日☆~Mr.スミスの素顔~
ブラッド、仲間と戯れる。  いよいよ来週はブラピとアンジーの来日となります。映画の方も来週末公開なので今から楽しみにされている方も多いですよね。映画雑誌もかなり特集されているのでそれに負けないようにまたまたUPしました。 ?  「オーシャンズ12」の仲間... more
Tracked from Rusty's Cine.. at 2005-11-28 22:58
タイトル : Welcome!Mr.スミス☆ブラッド来日☆
ブラック&ホワイトもよくマッチするなぁ。祝来日!Mr.スミスがまたもや日本に上陸!! ジャパン・プレミアが本日行われましたね~。またまた勝手に記念してしまいました(笑)。かなりカッコいいですね、彼は。空港ではサングラスに帽子、ヒゲが似合ってました... more
Tracked from Rusty's Cine.. at 2005-11-30 22:40
タイトル : 今週映画公開!Mr.ピット&Mrs.ジョリー特集!
全く違和感がないこの光景。理想像かも!? 今回はまたまた2人揃ってのものをPick Up!!せっかく来日したのですからコレくらいはしないと。多くの方に楽しんでいただきたいですし。素敵なPhotoばかりです。  まるで50年代の古き良き時代!! 来日の際... more
Tracked from 映画と写真のブログ at 2009-03-05 17:47
タイトル : 映画評:リバー・ランズ・スルー・イット
マクリーンの家では、信仰と釣りの間の区別がなかった。 父は牧師であり、フライ・フィッシングの達人だった。 ノーマンとポール兄弟は、幼い頃から父にブラックフット川に連れられて、釣りを学んだ。 父は、聖書の教えのように、ノーマンとポールにフライ・フィッシングを教えた。 「糸は四拍子のリズムで投げる。それ以外の方法は、魚に対する冒涜だ」 父にとって、ブラックフットの川辺は信仰の場所であり、教育の場だった。 やがてノーマンとポールは成長する。 時代は1次世界大戦に突入し、モンタナの...... more
Commented by ken at 2005-10-07 13:36 x
コメント&TBありがとうございました。
おすぎさんが褒めてる映画って基本的に興味ないんですが、
そうですか。この映画もそんな風に褒めてたんですねw
Commented by noho_hon2 at 2005-10-07 17:24
実は、おすぎが誉めてた「フィールド・オブ・ドリームス」が「確かにヨカッタ!」ので、以後、彼のチョイスと意見に思わず耳を傾けてしまうんですが… 案外。「けちょんけちょんに、けなしてる」方が、むしろ趣味なことも多いので、両極端に注目してしまうのでした(^-^*)
Commented by みふゆ at 2005-10-08 00:14 x
当時映画館に見に行きましたよ!
後ろの方の席でしたが、前方でブラピに釘付けになるより画面全体の流れを見渡せたのでよかったです。
穏やかな川の流れやきらきらした水面や…ゆっくりと語られるナレーションもよかった。
それでもやっぱり、何よりもブラピにうっとりでしたが…(^^)
Commented by noho_hon2 at 2005-10-08 06:32
この作品こそ「映画館で見たら、さぞ素敵だったろうなぁ…」と感じたもののひとつ、でした。いいないいな… >みふゆさん この頃の初々しくて、美しいブラプ、じつに素敵ですよね♪ 
<< 顔と歳月 舞&アテナ、げっちゅう♪ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)