きんぎょの夢
e0080345_814124.jpg改めて向田邦子ワールドに触れて、「ふ~~っ」とタメ息してしまいました。

真面目に生きてる市井の人々の、こまやかな出来事。ささやかな男女の心の機微を、品よく、端的に、分かりやすく描写したら、右に出る者がいませんよね。

しかも、短編らしく、意表をつく、どんでん返し… 「この人は、出てきた時から既に名人であった」と別格の誉められ方をした噂も分かる気がしたのでした。

きわめて映像的です。「この役を今、演じられるとしたら…」と当てはめてみるのも楽しいものがあったりしてね。

(実際に、ドラマから小説化された模様。調べてみると、彼女の作品を、違う方が、ノベライズしてたのが、少しだけ残念無念)

たしかに、ディテールや人々の距離、温度、習慣、時代的な諸事情、等々は、この時代ならでは。昭和を濃厚に感じてしまいますが(とくに年齢に対する世間や当人の意識! これが、ものすごく異なるのが印象的… みんな、オトナ、だったんですね)決して変わらないものは、人の心… だなぁ、としみじみ。

うんと若い頃とは印象が変わるのも、新鮮な驚きでした。

何なんでしょう。向田文学に触れた、独特の爽快感。
「名作の香り」や「独特の美意識」による心地よさ… なのかな?

「されど健気」としか言いようがない人々の心根と作者の凛とした姿勢に、胸うたれてやまなかったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2010-08-25 08:31 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/13136445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 階段の電球、切れる 龍馬伝 侍、長次郎 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
WALL・E ★★★★★
from TRIVIAL JUNK B..
蜜のあわれ
from 映画的・絵画的・音楽的
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)