ホタルノヒカリ2 最終回
とにかく、主演のふたり。蛍(綾瀬はるか)とぶちょお(藤木直人)の掛け合いが目と耳の保養。まるで夫婦漫才みたいな凸凹コンビが織りなす、縁側ゆるワールド健在?! そのユーモラスさが、今回も大いに楽しかったです。

最初は、2ならではのパワーアップぶり。干物女ぶりに磨きがかかり、これでもか!なサービス精神過剰が時として、やや(^^;)ゞ なこともありましたが、毎回。1回は「いいなぁ…」と、ほっこり気分が味わえ、ヨカッタです。

あと「結婚が既に決まってる」恋愛ドラマの最終回みたいな状態からのスタートに、少々、不安も。(恋のはじまり、ならではの揺れが乏しい分。見守るドキドキ感に乏しい?)蛍のプライベートの無精さに、さらに磨きがかかり、どうなることかと思いましたが

軸をなす、おふたりもさることながら、脇がグッドでしたね。蛍とは好対照なオトナのオンナを感じさせる小夏(木村多江)が公私共々、かかわってきたり、同時進行で進む、山田姐さん(板谷由夏)と二ツ木との、どこか現代的な恋模様も味でした。

ただ、若さとまっすぐさで好対照な瀬乃(向井理)も、なかなかに好演!だったのですが、なまじ急激な追い風。人気者になりすぎて、彼でなくては…要素が乏しかったのが、ちょっと(^^;)だったかな? 企画の段階では、まさか、こういう展開は予測してなかったんでしょうね。でも、爽やかにまとまりましたね。ヨカッタヨカッタ

個人的には、石坂浩二が演じる、ぶちょおの父・盆太郎さん登場の回にウケました。(こういう風来坊で、ゆるい役もできるんですね。幅が広がったなぁ)同時に「なるほど。だから、(ある意味、そっくりさんな)蛍だったのね」と、内心。ひどく納得したりして。その、あまりの扱いの慣れ具合に、「そうか。そうだったのか」と、あははは…

個人的には「悪い人が出てこない」のと、理不尽なハードルで引っ張らない分、安心してみられました。

時として、突っ込みどころ満載だったり、ややツーマッチさも感じたけれど、最後。蛍が成長して、導きだした「私が部長の縁側になります」って答えには、ジーーン。身の丈を知った上での決断に、なるほど!でした。素敵だったです。満足
e0080345_10594394.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-09-19 11:18 | ドラマ | Trackback(14) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/13252479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from レベル999のマニアな講義 at 2010-09-19 16:50
タイトル : ホタルノヒカリ2 第十一夜(最終夜) 引...
『結婚とは?干物女の決断』“結婚とは?干物女の決断!内容突然、ぶちょお(藤木直人)から、思わぬ告白を受けるホタル(綾瀬はるか)会社を辞めて、台湾の会社に転職をすることを...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2010-09-19 18:46
タイトル : ホタルノヒカリ2 #11(最終話)
 高野部長(藤木直人)が会社を辞め、転職すると宣言。長いこと考えた末の決断だということを知ったホタル(綾瀬はるか)は自分のふがいなさにショックを受ける。 山田姐さん(板谷由夏)にも「これから先の二人の幸せをどう思い描いているのか」と訊かれ、考え込むホタル…... more
Tracked from yanajun at 2010-09-19 18:47
タイトル : ホタルノヒカリ2 (最終回)
日本テレビ系列で毎週水曜よる10時に放送されていた連続ドラマ『ホタルノヒカリ2』は、一昨日、最終回(第11話)を迎えました。●あらすじと感想... more
Tracked from またり、すばるくん。 at 2010-09-19 19:12
タイトル : 「ホタルノヒカリ2」最終話
最終夜「結婚とは?干物女の決断」 視聴率17.0%... more
Tracked from 昼寝の時間 at 2010-09-19 20:05
タイトル : ホタルノヒカリ2 最終回
原作:「ホタルノヒカリ」ひうらさとる ホタルノヒカリ2 原作未読です。 台湾へ行... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2010-09-19 20:07
タイトル : ホタルノヒカリ2 最終回
高野部長(藤木直人)が会社を辞め、転職すると宣言する。 長いこと考えた末の決断だということを知った蛍(綾瀬はるか)は、自分のふがいなさ にショックを受ける。 山田姐さん(板谷由夏)に「これから先の2人の幸せを、どう思い描いているのか」と 聞かれ、蛍は考え込む。... more
Tracked from 日々緩々。 at 2010-09-19 21:10
タイトル : ホタルノヒカリ2 最終話
高野(藤木直人)から会社を辞め、転職すると言われた蛍(綾瀬はるか)は、 長いこと考えた末の決断だと知り、自分のふがいなさにショックを受ける。 蛍は山田(板谷由夏)から、これから先の二人の幸せをどう思い描ぎ..... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2010-09-19 21:13
タイトル : ぬらりひょんの孫&新9係&ホタルノヒカリ2
ぬらりひょんの孫は本気ゆらメインも 総大将&ゆら遭遇で四国に襲われて ゆら式紙3対バトルの所はカッ... more
Tracked from Happy笘・ucky at 2010-09-19 22:00
タイトル : ホタルノヒカリ2 第11話(最終話)「結婚とは?干物女の..
 第11話(最終話)「結婚とは?干物女の決断!」... more
Tracked from あるがまま・・・ at 2010-09-19 22:50
タイトル : ホタルノヒカリ2 最終夜:結婚とは?干物女の決断
オチがパンツて…ヾ(・ε・。)ォィォィ 果たして、最後の最後でほんまに野獣は現れたのだろうか???{/face_ase2/} 全国の働く主婦が心配してた通り、やはり蛍は台湾行きを諦めて、遠距離恋愛を選択{/face_nika/} だけど、離れ離れの3ヶ月の間、しっかり自炊をしたり、お掃除したり頑張ってましたわ〜{/good/} 手紙も1回は書いた模様・・・香港時代に比べたら目覚ましい進歩{/ee_3/}{/kirakira/} とは言え、こりゃ結婚まで辿り着けるのかいなと心配してたけど、ドレスも決...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2010-09-20 14:34
タイトル : ホタルノヒカリ2 ふたりがたどりついた結論
 お互いのありのままを受け入れること。  相手に変わることを強要しないこと。  ただし家では縁側で一緒に時を過ごすこと。  これが蛍(綾瀬はるか)と部長(藤木直人)がたどりついた結婚生活のようです。  まあ、結婚生活のあり方はカップルが100組あれば100とおり。  一番しっくり来る形にふたりで試行錯誤しながら作っていくということなんでしょうね。  シーズン2はその試行錯誤を描いた作品。  というわけで<一番しっくり来る結婚の形>。  既に結婚している夫婦も結婚間近のカップルもぜひ考えてみたいテー...... more
Tracked from NelsonTouchB.. at 2010-09-20 23:07
タイトル : ジョーカー。逃亡弁護士。ホタルノヒカリ2。最終回感想
■ジョーカー最終回 やっぱり犯人はマスター(大杉漣)だったかあ・・という。マスターは法を逃れた犯罪者達を神隠しにすることは、自分にとって復讐という意味合いもあったんだよね。刑事だった時期、家族を惨殺された過去があり、だが・・証拠がなくその犯人が誰かわかっていても法では裁けなかった過去。だからこれ以上犯罪者が世の中にあふれ出さないように神隠しを実行していた。マスターにとってそれは本当の意味で正義だった。だが、その行為は許されざること。もしばれてしまったら神隠しを行えなくなることは自分の正義...... more
Tracked from 美容師は見た… at 2010-09-21 11:46
タイトル : 『ホタルノヒカリ2』 最終回
上手くまとめた最終回だと思いましたけど、11話は引っ張りすぎたかも。「転職」も小道具だった感じがしてならない。今回は笑いの部分がツボらなかったのも残念。盆太郎さんの回で終わってくれても良かったのにヾ(゚∇゚*)オイオイぶちょおがどんな下着を身に着けてるのかも知らない... more
Tracked from エリのささやき at 2010-09-22 09:13
タイトル : ホタルノヒカリ2 第11話(最終回)
ホタヒカらしい終わり方でしたね。先週の予想通りでもありました。ほのぼの夏の宵をありがとう~♪... more
<< 熱海の捜査官 最終回 ガンダムカフェ限定 ふにゅふに... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
刑事ゆがみ #06
from ぐ~たらにっき
木曜劇場『刑事ゆがみ』第6話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)