女と味噌汁 最終回
e0080345_7365930.jpg関東では夕方枠。池内淳子さん追悼特別企画としてオンエア…

調べてみると、1965年から1980年まで、じつに15年間に渡りシリーズ化された人気番組で、映画化までされたのですね。すごいっ

なるほど、だから主要人物が、えらく当時としてはベテラン揃いだなぁ、と思ったら、そういう事情だったのですね。この放映当時、池内淳子、なんと47歳! 時代を考えると、ある意味、快挙かも

じつは、2年前。「薔薇のない花屋」を見た時、彼女の喋り方がが、どうにも昭和のホームドラマ風。平成ドラマとしては、周囲から浮いてる感が少々… 微妙な違和感を感じたのですが、こういうワールドにしっくりくるんだなぁ、と、そういう意味でも再確認!だったのでした。

また、4年前。久世光彦追悼企画として、同じく昭和の大ヒット・ホームドラマ「寺内貫太郎一家」を見たのですが、また印象が違うなぁ… と感じてしまうことしきり。

残念ながら、世間では大人気なのに、どうも体質的に波長が合わず縁がなかった「渡鬼」シリーズですが、この延長上にあるのかな? と感じてしまったりもして (^^;)

あ~~、すみません。野暮天ながら、まずは何より「電話が服を着てるぅ!」のに感動してしまった私… オハナシは、超・分かりやすっ! (結局、お見合い相手の竹脇無我と反発しつつも惹かれあい、ゴールイン。それに対し、レギュラー陣の周囲がドタバタ)それだけに、やたらディテールや表情に目がいってしまったのでした。

炊飯ジャーからテレビ、ヒロインの池内淳子の和服美を強調すべく、脇役達の「オトボケ担当さん」達が、オフの服装として当時、1980年の最先端ファッション?に身を包み、そういう鼻歌を歌ってる分、よけいに「こんな時代だったんだなぁ…」と小道具類とテンポに、半ばアングリしつつ感心するばかり。

でも、こういうエンタメが世間で大ウケし、大きく支持される時代だったんですね。昔からの風習が日常に残り、のんびりと大らかだったんだなぁ… と、思わず (^。^*)

いろいろなエピソードの中では、池内淳子。代表作は、和服の似合う上品美人で、ホームドラマで活躍!の印象ですが、メディアや作品によって「色気の分量や、その出し方をコントロールできる希有な女優さんだった」そうで、そういう意味でも、「へ~~っ」

たまたま、この日は、過去人気ドラマの再放送が目白押し。なにげなくザッピングしてると、同じドラマといえど、「ケイゾク(1999年)」や「ハケンの品格(2007年)」とは、えらくトーンやテンポ、カラーが違うなぁ、と感心するばかり、だったのでした。

それゆえ、なおさら彼女の女優としての資質は希有だったのかも。
改めて合掌… ご冥福をお祈りします
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-05 08:18 | ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/13351418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みのむし at 2010-10-08 21:47 x
電話が服!!!!ぶぶぶーーーー!!!
昔は結構ありましたよねぇ~。そういうお宅。
かくいう私のところも一時期
服着てたなぁ???
Commented by noho_hon2 at 2010-10-09 18:00
みのむしさん、こんにちわ。黒電話がお洋服… そうなんですよ。今見ると、なかなかに (^。^*)ですよね。電話も家族の一員だったのかな? と、そういう意味も、ほっこり、ですね
<< 世にも奇妙な物語 20周年SP... スゴお局さま (がっちりマンデ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)