ジョナサン・トーゴヴニク「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」
銀座ニコンサロンで、ジョナサン・トーゴヴニク「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」 を見てきました

本来なら女性は好きな相手。もしくは納得する相手との間に生まれる子供は、生涯最大のヨロコビであり、宝物であるはず。それが戦乱の世の中に生まれたばかり。暴力によって、敵の子供を否応なく、授かってしまった親子の関係は…

全部、母子のツーショット。おそらく意図的であったと思うのですが、普通の親子になら、当然、流れてる、独特の照れと限りない親愛の混じった、微笑ましい雰囲気がなく、葛藤を経て、許容しようとしてる、あるいは、半分しきれない雰囲気と、その当然、想像される諸事情による、独特の気配は、胸にずしんとくるものがありました。

キモチがタフな時だったら、説明文も興味深く読めたかもしれませんが、なんだか痛々しくて… 戦争の悲劇が迫ります。アートとは、「訴えるコト」一瞬で「心になにかを届ける」ことなんだなぁ、と、しみじみ…
e0080345_835278.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2011-01-24 08:38 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/14038008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 相棒9 招かれざる客 外交官・黒田康作 「今夜いよい... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)