糸井潤写真展「Cantos Familia」
e0080345_8184524.jpg銀座ニコンサロンで、糸井潤写真展「Cantos Familia」を見てきました

作者が、この「森の中から見た光」をテーマに一貫した写真を撮り続けるには、とても大きな個人の事情、というか家族の物語があったみたいですが、(父君が森で自死)

海外へ渡り、修行してまで試行錯誤した結果、「こういうテーマにこだわり続ける」と徹底した姿勢に「へ~~っ」と感心してしまったのでした。

最期に、どんな風景を見たのか知りたかったのでしょうか? 作品は、鎮魂であり、自らとの折り合いでもあったのかな?

だけど、誰しも森の中で光を見ると、無条件に、心懐かしいような感動おぼえますよね。個人的に、はじめて映画の画面に光を入れた、黒澤監督の「羅生門」の大胆さを連想してしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 08:26 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/14332240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 石油ファンヒーター 春一番 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)