なまじ、分かってしまうから…
e0080345_1713097.jpg先日の『吹奏楽の旅』も面白かったですね。手に汗握って、大感動。うるうる… でも、印象に残ったのは、あるシーン。

どうしても万人には、俗にいうところの「絶対音感」が無い訳で、それを、機械の力を借りて、チェックしながら各自。音程をチューニングするようにしてたところが、きっと「もっと、のびのび演奏させたい」って試み気分もあったのかな。

ある時期より、そのレッスンを控えめにしてたところ、地方予選の演奏が終わってのち、(たぶん、イイ演奏ができた、と)満足げな生徒達を前。先生が渋い顔をして「不完全だから、再び、やり直すように」と苦言した時の、ダンナさんの台詞が印象に残りました。

「ああ、きっと、先生には“分かった”んだね。音の微妙にズレみたいなものが… なまじ、“聴こえてしまう”がゆえに、誰より、先生自身が(生理的に)我慢できなかったのかもしれない…」みたいな感想に「へ~ぇ」だったのでした。

あるかもしれませんね。そういうのって…
だって、コロンボや古畑任三郎の醍醐味は、なまじ「分かる」がゆえの、プラスマイナス部分… 常人では考えられない領分に、我慢できなかったり、その分、抜けてたりするがゆえの機微の面白さ、なんですもの…

(私は、そこいらを描いて絶妙だった、コロンボの『別れのワイン』と、古畑任三郎の、ツボと将棋の話が大好きだぁぁ!)

現に私は、3歳から音楽を習い、一応、ソナチネまでやったし、鍵盤楽器が弾けることから、小学校時代。合奏団にスカウトされて、夏休み返上でレッスン。コンクールに出場して、アコーディオン・ソロもとったけれど、残念ながら音楽、というか…「音を楽しむ」ことができませんでした。

むしろ、流行歌にワクワクします。ラジオから流れる、ヒットソングを聴いてると、想像の余地、炸裂! 脳裏に「映像が浮かび、物語と言葉が生まれ」、まるで「ちょっとした映画をみた」ような気分になってしまうんですもの。

たとえばクラシックが、ジャズが、ロックが好きな人は身体の様々な機能がシンクロするのでしょうか? 熱くなるのかな?

能力やツボって、それぞれだなぁ、と、しみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-14 17:24 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1435969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 番号はえらい 熟年離婚 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ズートピア
from Akira's VOICE
劇場鑑賞「ズートピア」 ..
from 日々“是”精進! ver.F
映画「ズートピア(2D・..
from ディレクターの目線blog@..
住住 (第10話/最終回..
from ディレクターの目線blog@..
ズートピア
from 映画好きパパの鑑賞日記
『ズートピア』 ユートピ..
from 映画のブログ
「ズートピア」、動物たち..
from ひろの映画見たまま
最新のコメント
まっつーさん、こんにちわ..
by noho_hon2 at 07:14
渡瀬恒彦さんのラストの迫..
by まっつー at 02:12
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)