髪結いの亭主
e0080345_1438289.jpg好みと評価は分れる気がしますが、これぞ仏映画ならでは、愛の文化の底力!を感じさせる、大人のファンタジー。

ラストは特に賛否両論みたいですが、私は「映画は、夢や憧れ、禁断や不安、願望の延長線上を、美しく表現」させてる意味で、とても胸に響き、共感おぼえたのでした。

今みると、ヒロインのアンナ・ガリエナがとても美しく表現され、憂いを含んだ表情や笑顔と、濃密な雰囲気が素敵。ファッションやインテリアも独特で、異国のダンスもスパイスとして、味わい深い気がしました。

理髪店独特の匂いといい、浜辺、雨音、音楽… 五感で味わう醍醐味が満載ですよね。

公開当時、ミニシアターながら6万人を呼ぶ大ヒットとなり、日本にパトリス・ルコント監督の名前を知らしめたのも分かる気がしたのでした。愛について、深く考えさせられる作品です。

  (ストーリー)

子供の頃からずっと女の理容師と結婚したい、と夢見続けているアントワーヌ。彼は、中年にさしかかった頃、ようやくその夢を実現させる。妻となったマチルドは、とても優しくて綺麗で、その上とても腕の立つ理容師だった。その日から、理髪店が二人の生活のすべてとなった。結婚式も、お酒を飲んで酔っ払うのも、愛の行為を行うのも……。そして10年、何事もなく平穏に、そして静かに時は過ぎていく。だが、永遠に続くかのように見えた日々の向こうには……。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-03-10 14:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/14405038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 外交官・黒田康作 今夜、明かさ... 相棒9 最終回2時間スペシャル 亡霊 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
刑事ゆがみ #06
from ぐ~たらにっき
木曜劇場『刑事ゆがみ』第6話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)