パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
e0080345_1854164.jpgこれ、テレビ放映の際は二週に分け、逐一、おさらいしつつ「救出編」と「逆襲編」にして正解でしたね。

もう、美形と異形達の大運動会の感 (^^;)

ばんばん裏切りまくるわ、生き返るわ、ストーリーも入り組んでるわ、途中から??になった分「もう、楽しんだ者勝ち!」気分になって吹っ切れ、逆に「そんなのもアリなのね」に、映像的・迫力と、スパロウ船長を脳天気に楽しんじゃいました。

だって、ブーイング派も少なからずおられたみたいですが、戦闘の真っ最中、結婚式まで挙げちゃうんですもの。ジョニー・デップが、すちゃらか・ジャック・スパロウ船長になりきってる姿を拝めただけでも、もうけもん、気分、だったりして。(ほとんど開き直り)

かなりのボリューム。映画館で鑑賞された方を尊敬&羨望…

  (あらすじ)

七つの海を駆けめぐった海賊の時代が終ろうとしていた。世界制覇をもくろむ東インド会社のベケット卿は、“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズを操り、海賊たちを次々と葬っていく。彼らの生き残る道はただ一つ。9 人の“伝説の海賊”を招集し、世界中の海賊たちを蜂起させ決戦を挑むのみ。だが、その鍵を握る9人目の人物こそ、溺死した船乗りが沈む永遠の地獄“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー(海の墓場)”に囚われているキャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった…。総督の令嬢エリザベス(キーラ・ナイトレイ)と海賊の血を引くウィル(オーランド・ブルーム)は、甦った不死身の海賊キャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)と共に、ジャック奪還の手掛りを握る中国海賊の長サオ・フェン(チョウ・ユンファ)のもとへと旅立つ。彼らの運命が再び交差するとき、海賊の史上最初にして最後の決戦の火蓋が切られる―。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-06-06 18:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/14907746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 親知らず、抜歯 高校生レストラン 遠足vsコース料理 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
あなたのことはそれほど ..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
「フランケンシュタインの..
from ドラマでポン
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
人間の証明 (1977)
at 2017-04-26 09:31
あなたのことはそれほど 「暴..
at 2017-04-26 08:02
CRISIS 公安機動捜査隊..
at 2017-04-26 07:51
孤独のグルメ Season6..
at 2017-04-26 07:44
冬物をしまう
at 2017-04-25 18:13
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)