恋は道しるべ
e0080345_10283684.jpgそれは、まだ20歳前後のこと。
敬愛する先輩に、こ~んな相談をもちかけたことあります。(無粋で未熟もエエトコで、失礼…)

「ねぇ、先輩。カレシって、どうしても作らなければイケナイものでしょうか? 私、なんだか異性に対して、仲間というか、半ば身内みたいな関係が、すっごく快適で、“ずっと、このままだとイイのにな…”と感じてしまうんだけど、そういうのって許されないのかな?」

「う~ん、私はね。“恋の神様”っている気がするの」
「……?!」

「まだ、頭の中でアレコレ考えてる内は、ホンモノじゃない気がするな… 恋は身体で感じるの。不思議だけど、見えるのよ、聞こえるの」
「……」
思わず、その吸い込まれそうな瞳に見入ってしまいました。

「それに、これは残酷なことだけど、縁ってのもまた、ある気がする… 確実に。どんなに好きでも、結ばれないことはあるし、なぜか不思議と縁あって一緒になることもあるように思われて…」
「……」

「あのね。私、前のカレシが、それはそれは大好き!だった。それこそ、好きすぎて食事も喉を通らないほど。帰ったら、その会話を、繰り返し繰り返し反芻して、ニヤニヤしたり、落ち込んだり… 頭の中は、彼でいっぱい。それほど、夢中だった」
「……」

「でもね。残念ながら、恋の神様は、そこにはいなかった。
私には、見えなかったのよ。恋の道しるべが… 変に意地をはって、たぶん、ちょっとしたサインを見逃してしまったのね。気がつくと、何かが、ほどけてしまっていた…」
「……」

「不思議なことに、今のカレはね。“見える”のよ。もちろん、今後は、どうなるかワカラナイよ。だけど、“ああ、今、この瞬間。どんなに恥にまみれても、プライドがずたずたになっても、追いかけなくてはイケナイ!”とか“連絡しなくっちゃ…”って時が、わかるよ。なぜか。頭でなく、身体で」

「だからね、あなたも、いつか必ず“見えるとき”がくるわ。そういう、道しるべ、みたいなものが。それこそ、ピカッと輝くの。目に飛び込んでくるから。

そして、その時こそ、全力疾走しなくてはいけない。誰を傷つけ、何を失っても、絶対に手を伸ばさなくては… 離しちゃダメ、と感じる瞬間がくるわ。その時は必ずや、身体の声に素直になりなさいね。それで充分だと思う」
「…は、はい…」

その後、雑誌でテレビであまたの恋愛相談を聞いたけれど、いちばん印象に残ってるのはコレです。いまだに、な~んか忘れられない言葉なのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-21 09:49 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1536297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 引き算生活に、学習する 流れが変わるとき >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【おんな城主直虎】第25..
from ショコラの日記帳・別館
貴族探偵 第11話(最終回)
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第11話(最終話)
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 最終話
from ぷち丸くんの日常日記
貴族探偵 (第11話/最..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第25回..
from あしたまにあーな
おんな城主 直虎 第25..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)