カラフル
e0080345_9114865.jpg森絵都のベストセラー小説のアニメ化で、クレヨンしんちゃんシリーズで高い評価を得た、原恵一監督の作品、という興味から見てみました

最初は「でも、暗かったり、重かったりするとヤダな…」と、やや腰が引け気味、だったのですが、想像以上に丁寧に作られた作風は、なるほど、多くの受賞も納得な出来映え

究極の、生き直し物語、でしょうか?
家族再生になってるところも、なかなか…

ひりひりとした思春期特有のナーバス気分を濃厚に漂わせつつ、でも、あくまで先進する、成長物語なのがマル。

世界が、家庭と学校と通学路だけ、だった中学時代の風景を思い出させます

孤独だった少年に、はじめての友達ができた喜びが素直に表現されてて、ヨカッタヨカッタ。友を得て、どんどん、心がたくましくなるさまに、大いに安堵

エンタメ作品というより、ある種の問題提起で、考えさせる作風

最近、なかなか本(とくに小説の類)が読めない体質になってきて、トホホなので、ベストセラーを映像の形で経験できて、そういう意味では納得 (^-^*)

ちなみに、あとで、声が宮崎あおいや、アッキーナ(南明奈)、麻生久美子だと知ったのですが、思わず(あとから情報で)ラッキー♪気分で、ホッ なまじ、顔が浮かびすぎる方が声を担当してるのを知ると、オハナシに集中できないことありません? 私だけかなぁ…

    (ストーリー)

突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”をすることに。現世に戻る再挑戦のため、真としての生活を始めた“ぼく”は、やがて真が自ら死を選んだ理由を知る。そんな中、“ぼく”は現世に戻る再挑戦をすることの本当の意味を考え始めるが……。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-15 09:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/15449332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東京日和 ラストマネー~愛の値段~ 最期... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
フランケンシュタインの恋
from Akira's VOICE
おんな城主直虎 第25話..
from 平成エンタメ研究所
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
蜜のあわれ  監督/石井..
from 西京極 紫の館
MONSTERZ モンス..
from 西京極 紫の館
マッサージ探偵ジョー (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)