東京日和
e0080345_8484393.jpgもう、ただただ、中山美穂にうっとり…だけで、映画的に成立してる気がしました。そういう女優さんは、ある意味、希有ですよね。

思えば、竹中映画「119」でマドンナ役だった、鈴木京香も美しく撮れてたけれど、それ以上に、この作品の中で、中山美穂は、輝いてように思われて。

「Love Letter」での彼女も、じつにチャーミングだったけれど、そのキュートさとは、また異なる、娘時代ならではの美。人妻役として、また違った、成熟した光があり、スタッフ一同の愛を感じました

独特の空気は、さすがに、見る人を選ぶ気がしましたが、特に、ちょっとレトロなファッション、美術、音楽、散りばめられた遊び心に、私は素直に堪能できました。(随所に有名人がチョイ役で出てくる。中島みゆきの、スナック・ママ役には、思わずプププ)

ちょっと精神的に不安定な「不思議ちゃん」妻に振り回される、カメラマン夫との夫婦愛ワールド。美しく、浮世離れした、大人のオトギ話でしょうね。これまた、好きな人は大好きな作品… かも (^-^*)

  (ものがたり)

カメラマンの島津と、その妻ヨーコ。繊細であるがゆえに、時にエキセントリックな行動に走りがちなヨーコに翻弄されながらも、島津は彼女を愛し続けていく。写真家・荒木経惟のフォトエッセイを原作に、異能の才人・竹中直人が監督・主演したノスタルジックなヒューマン・ドラマ。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-16 08:40 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/15460241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「セカンドバージン」映画化 カラフル >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
WALL・E / ウォーリー
from Akira's VOICE
映画評「蜜のあわれ」
from プロフェッサー・オカピーの部..
WALL・E/ウォーリー..
from 佐藤秀の徒然幻視録
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
あなたのことはそれほど 最終..
at 2017-06-21 07:25
TOO YOUNG TO D..
at 2017-06-20 08:50
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)