大きな画面に感動す
e0080345_949232.jpgやはり、視界をしめる割合とか、見渡せる面積とか“ちょっとした差”のもつ影響力ってハンパじゃないですね。

大きな画面、違います。

いつものソフトをたちあげて、驚きました。
だって、デジカメ写真の管理ソフトひとつ眺めても「小さなメモ帳が、ファッション雑誌かアルバムになったぁ」って印象なんですもの。うわおっ!

それに、ネットを、ぐるっと巡回してきただけで、あっけにとられたほど。週刊誌が、大きめのグラビア誌になった!って感じ。「少し大きく見える、やや広めに見渡せる」ことが、こんなに迫力で、うんと快適とはっ!

思えば、テレビも何年かごとにサイズが大きくなっていったのですが、まずは、ゲームの迫力にタマげました。マリオが落下するときなぞ、思わず身をすくめたし、じつは「ドット絵でできてる」のに仰天。

ポピュラスやシムシティも、豆粒にしか見えなかった人々や街が「ちゃ~んと動いてる」のを見て、な~んか、その世界観というか… 感覚自体が激変!した記憶あります。

それに、テレビやドラマなぞ、急に「着目するもの」自体、変わってきましたもんね。

背景やディテールに使われてる小道具とか… 特に、好きだった番組を再放送でみたときは、発見の連続!

ジェレミー・ブレッドの「シャーロックホームズ」シリーズなぞ、ベーカー街の街並に、インテリア、当時のファッションにうっとり。

「大草原の小さな家」なんか、はてしなく広がる大自然や丸太小屋、衣装、等々… 思わず“うしろにあるもの”に見入ってしまったほど。

まだまだ、どんな発見があるのでしょうか? すごく、楽しみ~ぃ♪
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-22 10:05 | パソコン、家電等 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1549746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ティム・バートン監督、生出演 どど~~ん!と、大きなディスプレイ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)