理由
e0080345_8332995.jpgもともと、大林監督がwowowで撮ったものが評判をよび、劇場公開された、って経緯に「へ~~っ」と感心してしまいました

きくところによると、リアリティを出すべく、出演者が皆、すっぴんで挑戦した、って演出も、凄いなぁ、と感じました。チャレンジャーですよね。でも、南田洋子なぞ、それならではの存在感!

(序盤なぞ、リアリティありすぎて、少し怖かった)

ドキュメンタリー・タッチで証言される事件の様々な側面… そこから、まるでジグソーパズルのように、次第に浮かび上がっていく社会問題。意外な真相… さすが、直木賞受賞の原作です

個人的には、新人として、今をときめく多部未華子(中学生役)が出てたのが「をを~~っ」でした。

正直いって最後の歌には「…ん?」だったのですが、「時をかける少女」を撮った監督です。そこは御愛敬? (^^;) (「時かけ」の劇中、歌われるデュエットに、コケそうになる一方、あまりの突き抜けぶりに感動さえ覚えるのは私だけ?)。好みの分れるところかもしれませんね

wowowさんも、大林監督も、意欲的な仕事してるなぁ… と、しみじみ

 (物語)

ある大嵐の夜、東京・荒川区にそびえ立つ超高層マンションで4人の男女が惨殺された。当初被害者たちはひとつの家族と思われていたが、捜査が進むにつれ、まったくの他人同士であったことが判明する。彼らはいったい何者なのか。加害者は誰なのか。そして関係者の証言が積み重なっていくうちに、驚くべき事実が明らかになる。悲しい絆が解き明かす、その「理由」とは?
映像化不可能と言われた宮部みゆきの直木賞ミリオンセラーを、大林宣彦監督が完全映画化!
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-22 08:42 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/15538101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 極私的映画論+α at 2011-09-25 08:30
タイトル : 理由 (2004) 160分
 1996年6月5日、東京が暴風雨に見舞われていた深夜未明、荒川区にある超高層マンション“ヴァンダール千住北ニューシティ”で一家4人が殺される事件が発生する。住民台帳から犯行現場の2025号室には小糸信治一家が住んでいたことが分かる。当初4人の遺体はこの小糸家の人...... more
<< Hof ベルリンの記憶 アンフェア the movie >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画『シン・ゴジラ』評―..
from 徳丸無明のブログ
相棒 season16 ..
from 英の放電日記
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
先に生まれただけの僕 第..
from 平成エンタメ研究所
土曜ドラマ『先に生まれた..
from レベル999のgoo部屋
コウノドリ #06
from ぐ~たらにっき
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
金曜ロードSHOW!『デスノ..
at 2017-11-19 08:53
先に生まれただけの僕 「プラ..
at 2017-11-19 08:45
すなば珈琲
at 2017-11-18 16:11
池田 勉 写真展 潜伏 長崎..
at 2017-11-18 16:05
新宿セブン 第6話
at 2017-11-18 06:35
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)