妹萌えのルーツ?
e0080345_9274589.jpge0080345_9454555.jpg実川元子さんの日記。「二人でお酒を」における 10月24日(月) ともだちが、興味深かったです。

思わず好奇心おぼえ、作詞者を調べてみると… キャンディーズの「年下の男の子」が千家和也で、「ともだち」は有馬三恵子なんですね。

実川さんが指摘されてる、「ともだち」における「思春期の女の子が、なりた~い順位」。“ともだち、恋人、いもうと…”ってランキングの微妙さは、やはり女性の作品であった!のに、「やっぱりぃぃ」と、思わず膝ポン!

こう、改めて思い返すと「うん、(その年齢の頃は)そうだったそうだった…」と、しみじみ。
たしかに、ものすご~く「おにいさんが欲しかった!」ですもん。実際にいる友人には「そんなイイもんじゃないよぉ」と、にべも無かったけどね

しかし、「ともだちは、恋人より難しい」って指摘には、「へ~っ」。
(個人的には、かなり“キャラと年齢にもよる”気がするけれど…)

そういえば、学生の時。「男の友達がいるってイイね。むしろ、恋人がいるより羨ましい!」と複数の女友達に言われ、当時の私は、??になったですが、今さらながらに謎が解けた思い。

柴門ふみのエッセイに「昔のアイドルは、交際発覚!した時、顔を赤らめ“お兄さんのような存在です…”というと、かなり“心惹かれてる(あるいは、無条件で心許してる)ショーコ”であり、ゴールインする確率、大。

たとえば、林寛子なぞ、そう答えた瞬間「ピンときたね」って旨が書かれてて、思わずウケてしまったのですが、特にモテモテさんほど、そうなりがちなのでしょうか?

昨今。“妹萌え”って語が、かぎりなくジャンルとして確立しつつある感ですが、なんか、いろいろな意味で「なるほどなぁ…」と、考えさせられるしきり。

それにしても、こう、改めて30年前のアイドル写真をみると、明らかに「顔(の相)が違い」ますね。あややとか上戸彩、長澤まさみとは、(とくに空気感が)全然、ちが~う!

ある意味、時代が「顔をつくる」まさに見本!な感に、ふつふつと感動。

余談: よく見ると、南沙織の顔って、ゴルフの宮里藍に通じるものあるような…
     やっぱ「沖縄の顔」ってのもあるのかな?
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-25 09:58 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1591878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< あっても、見えない まず、リセットしてみて >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
青空エール
from 象のロケット
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)