うっとりポジション (王子様はアーチスト)
「鬼嫁日記」と「熟年離婚」からは早々と脱落…

そんな中。ふと好奇心おぼえたのは、再放送中の「ミセスシンデレラ」なのですが、相手の職業が音楽家(それも世界をまたにかける指揮者)ってのに、興味深いものを感じてしまいました。

(随分、内野聖陽が若いなぁ。微妙なファッションのディテールとか違うなぁ…と思ったら、97年の作品だったんですね。なんと8年前!)

考えてみるに、大ヒット・ドラマの、いってしまえば王子様(うっとり)ポジションは、もちろんルックスもさることながら、「(どちらかというと芸術系の)才能がある」ってのも、かなり大きな条件だと思いません? 考えてみると、キムタク主演で大ウケした北川ドラマなぞ、ほとんど、この路線…

e0080345_17355327.jpg具体的には「ロングバケーション」の瀬名はピアニストで、「ビューティフルライフ」の柊二はカリスマ美容師、「愛していると言ってくれ」でトヨエツ演じる榊晃次は画家だし… ほ~れほれ。

実際、北川悦史子自身。インタビューに答え「だって、そうでなくっちゃ、私自身、トキメかないんですもの…」の正直さには、思わず笑ってしまったのでした。

「ミセスシンデレラ」では、いまひとつ、オウチで不遇な扱いをうけてる専業主婦のヒロイン。薬師丸ひろ子のもとに、いっきなり“部屋いっぱいの、真っ赤な薔薇”が届いて壮観!… さすがドラマ。

(でも、この攻撃は、いまだ超・有効なのね。先日の安達祐実も、それで陥落した、みたいだし…)

案外。韓国ドラマのツボも、このあたりのサービス精神を、濃縮&強調した部分にあるのかもしれませんね。面白いなぁ…
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-27 17:44 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1623226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from プチプチ心理学♪ at 2005-11-08 13:34
タイトル : 内野聖陽(南原教授!)&梅宮万紗子@裏・不機嫌なジーン:..
2005/08/26の夢日記: 不機嫌なジーン? 内野聖陽(というより『不機嫌なジーン』の南原教授!)が屋内の蚊の住処を(勝手に)調査している。今日も黒のスーツ...... more
<< うっとりポジション (西田エリ... 絶品、房子さん (あいのうた) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
【おんな城主 直虎】第3..
from ドラマ@見とり八段
居酒屋ふじ (第12話/..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第38回..
from 事務職員へのこの1冊
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぐ~たらにっき
『植木等とのぼせもん』 ..
from 美容師は見た…
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)