殿方は、プチ薄幸ティストがお好き
e0080345_18300100.jpgほとんど「頭の体操」と化して、すみません。

さらに、ついでに言えば… 男性の場合。「プチ・薄幸ティスト」の女性に、こよなく弱いと思いません? なぜか、好きですよねぇ(エンターテイメント方面で)、未亡人

ルーツをさぐると、なにやら西部劇に出てくるシチェーションには、このケースが多いような… 現代劇でも「刑事ジョン・ブック/目撃者」なぞ、そういう感じだし、成瀬メロドラマの名作なぞ、もろ、このパターン(マイブログより)

若くても、あの名作。「めぞん一刻」のヒロイン、響子さんは未亡人。「名探偵ホームズ」では、ハドソン夫人が、そういう感じに描かれてたのに、思わずウケてしまいました

ある男女の機微に詳しい殿方によると、「それはね。男ってものは、“自分の参加する余地がある”“ヒーローになれる”シチェーションに、こよなく惹かれるのでは?」と笑って解説してくれ、女性陣一同。「え~、そうなのぉぉ!?」とどよめいた記憶があるんですが… ちょっと分かるような気がして。

たしかに、はかなげレディから「…助けてください…」と申し出られて、断れる男性が、どれほどいるでしょうか? あの「電車男」も、そこから最初の1歩をふみだした訳だしね。これまった、興味深いなぁ、と感じてしまった次第。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-27 18:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1623689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< なんで、大きいだけで可笑しいんだろ うっとりポジション (西田エリ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
おんな城主直虎 第17回..
from あしたまにあーな
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
小さな巨人 (第3話・2..
from ディレクターの目線blog@..
【おんな城主 直虎】第1..
from ドラマ@見取り八段・実0段
おんな城主 直虎 第17..
from みはいる・BのB
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)