クイーン復活コンサート
e0080345_18473452.jpgいちばん懸念される、その点(フレディ不在な、まぎれもない事実!)は、どうするのだろう… と思ってたら、この手があったのね。

スクリーンに、フレディの姿を映しだす」とは、やるぅ…

この重責をこなした(というか、ひきうけた)、ポール・ロジャース。えらいわえらいわ。

最近、ラジオで、フレディには、終生の恋人、というか、女性の友(彼がバイセクシャルであるのも許容して、ずっと深い信頼関係が続いた。遺産管理も彼女に委ねられた?)がいたと知り、しみじ~み。

その、ずばぬけた資質。芸術の神様に愛されるあまりか、早くに手元にもっていかれた感けれど、ある意味で、素敵な人生だったんだね。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-28 18:48 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/1637244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from kei☆の独り言;Blog at 2006-06-08 12:50
タイトル : ラスト・ツアー/クイーン 1986 [1]
ラスト・ツアー/クイーン 1986 Live at Wembley Stadium 1986.7.12 Wembley,UK 2003/08/06 DVD [Disc1] ライヴ:91年発売のビデオ版に8曲を追加収録(約110分) 1. One Vision (ひとつだけの世界) 2. Tie Your Mother Down 3. In The Lap Of Gods (神々の業) 4. S..... more
Commented by kei☆ at 2005-11-29 20:44 x
芸術の才がある人は、神様が手元に置きたくて、早くお召しになるとか…。
トラバありがとうございます♪こちらからもトラバを~。
Commented by noho_hon2 at 2005-11-30 09:34
ひょっとすると、それは一種「重すぎる荷物」なのかもしれませんね。(吉本ばななのエッセイで、それを読んだ時は、ふつふつと感動…)>kei☆さん。でも、ここまでの人々の愛をみると、等価交換だったのかしらん?とも感じてしまうのでした
Commented by kei☆ at 2006-06-08 13:05 x
noho_hon2さん、こんにちは。
昨年、ここでこんな会話していたんですね~。ただ今、どっぷりQUEENにハマってしまってます。この話題のライブを見たので、トラバを…と思ったら、間違えた記事を送ってしまいました(汗)。すみませんm(_ _)m。削除していただけますか?後ほど、また正規のトラバさせていただきたいと思います。
どうやら、等価交換どころか、みんなの思慕に引き止められて、成仏できてないのでは…と思うくらいの愛され方のようです。世界中から…それに、今、新たにファンになっている人にも…。
Commented by noho_hon2 at 2006-06-08 18:38
kei☆ さん、こんにちわ。トラバの件、了解いたしました。じつは中高時代の親友がQUEENにどっぷりだった分。その存在自体に、すごく興味があるので、いつも (^v^)なキモチで、興味深~くブログ拝見してます。(じつは、我家にも「ジュエルズ」あったんですよぉ!)

本当に、ここに至って、ますます、みんなの思慕にひきとめられてるのかもしれませんね。名前はド忘れしたのですが、QUEENの曲かかりまくり!という、噂の大ヒット、ロックオペラ。WOWOWあたりで流れないかなぁ… 見てみた~い!
Commented by kei☆ at 2006-06-08 22:23 x
noho_hon2さん、こんばんは。
あ、以前に送った、noho_hon2さんが送ってくださったTBのお礼TBの方が、消えてるかも…。で、先ほど、正規の記事のTB送ったのですが、あれ、反映されてない?(^^;
おうちに「ジュエルズ」があったんですか?!おぉ、一家に一枚♪お友達…リアルタイムな方ですよね。よろしくお伝え下さいませ~(笑)。
ロックオペラというと、「ウィウィルロックユー」?WOWOW、いいですね~。私も見てみたいです!
Commented by noho_hon2 at 2006-06-09 17:18
大変、失礼いたしました m(__)m>kei☆ さん。特に、昨日は、やたら重かったので、エキサイトさん。調子が悪かったのかもしれませんね。もしも、重複した場合はうまく調整しておきますから、どうぞ送ってくださいまし。

私も、とても読みごたえあった、この記事に、喜んでTBおくらせていただきました。20年前の曲や映像が、いまも輝きを失わないとは、本当に凄いことですね。
<< 玩具の自動販売機 笑いとばしたいもの >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
あなたのことはそれほど ..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
「フランケンシュタインの..
from ドラマでポン
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)