樋口徹写真展 五冊の余熱(ほとぼり)
銀座ニコンサロンで、樋口徹写真展 「五冊の余熱(ほとぼり)」を見てきました

梶井基次郎の『檸檬』。安部公房の『箱男』。横光利一の『上海』。そして異色の獄中文学、永山則夫の『木橋』。これら小説の舞台となった場所、街を歩き、文中を彷徨い、行間にはフィクションを加えて“写真捩り”をした作品、なのだそう。

その繊細な表現と並行して、会場の半分をさき、モノクロで被災地の光景も。

個人的には、「なるほど。感受性豊かな方が被災地を撮ると、こんな風に見えるんですね」と感心してる傍らで、ダンナさんが「やはり、カメラマンのサガだね。こんな極限状況でも、(構図的に?)美を見出してる…」と指摘してたのに思わずウケたのでした。改めて、多くの視点、感性で残す価値を実感。
e0080345_7541256.gif

[PR]
by noho_hon2 | 2012-01-11 07:57 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/17200596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< MBS開局60周年記念新春ドラ... マディソン郡の橋 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)