しあわせの雨傘
e0080345_15121644.jpgさすが、カトリーヌ・ドヌーブ! 仏映画の底力を痛感しました。名優達、オンパレードも、みどころのひとつ

期待なく、なにげな~く見たせいか、コミカルさと軽さ、痛快さが、なかなかにイイ感じ。仏映画ならではの、オシャレさと「人生、バンザイ」部分もあり、なかなかに幸せな気分になりました。

ドヌーブの出世作品「シェルブールの雨傘」とリンクしてる要素も心憎いです。フランソワ・オゾン監督の人生賛歌、サスガ!だわ

心からっぽにして、ちょっと心温かい気分になりたい時、オススメ…かも (^。^*)

   (ストーリー)

シュザンヌは同族経営の雨傘会社の社長夫人、家事にいそしみ孫の成長を楽しみにするフツーの主婦だった。ところがある日、健康に不安のある夫ロベールに工場労働者が経営改善要求をつきつける。収拾に乗り出したシュザンヌは昔の不倫の相手で労働活動家のモーリス(ドパルデユー)、芸術家肌の息子、子もちで離婚と自立を目指す娘、そして夫の秘書兼浮気相手でやり手のナデージュらに協力を求める。ところが娘ジョエルの造反がもとでロベールは息子ローランの本当の父親がモーリスだと思い込み、家庭と経営の争議は頂点に・・・。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-04-07 21:26 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/17713249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブラックボード~時代と戦った教... MOTOKO写真展「田園ドリーム」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
あなたのことはそれほど ..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
「フランケンシュタインの..
from ドラマでポン
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
人間の証明 (1977)
at 2017-04-26 09:31
あなたのことはそれほど 「暴..
at 2017-04-26 08:02
CRISIS 公安機動捜査隊..
at 2017-04-26 07:51
孤独のグルメ Season6..
at 2017-04-26 07:44
冬物をしまう
at 2017-04-25 18:13
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)