悪女について
e0080345_16283256.jpg巷の感想的には、キビシー意見も少なくなかったみたいですが、先日の「王様のブランチ」によると、このドラマがTBSの週間・視聴率ナンバーワンになってて、思わず (^。^*)

たしかに、話題性は充分。じつにタイムリーでしたもんね。それに、沢尻エリカ七変化ぶりが目の保養。逆に個人的には「へ~~、有吉佐和子の原作って、こういうオハナシだったんだぁ…」と感心。

エンタメ的にも悪女ものってジャンルがあるほど、ですもんね
ハランバンジョーであるほど、なおベター

世間の人は、美女と悪女。その、ダイナミックな光と影を見たいのかも、と納得

PS:偶然かもしれないけれど、最近、よくフナコシさん見かけるなぁ…

    (ストーリー)

昭和61年、日本が高度成長の真っ只中でバブル経済に浮かれていた頃、一人の女性実業家がビルから転落死した。彼女の名前は、富小路公子(沢尻エリカ)。20歳で彗星のように実業界に現れ、一代で巨万の富を築き、才女・魔性の女といわれた公子が謎の死を遂げた――。

自殺か他殺か…多くの恨みを買っていた公子の死に、さまざまな憶測が飛び交った。その公子を15歳の頃から知る沢山栄次(船越英一郎)も、公子の死が理解できない一人だった。小さなラーメン屋で稼いで憧れの宝石店を開き、経営の勉強のために簿記学校へ通っていた沢山は、そこで公子と出会った。当時、鈴木君子と名乗っていた彼女は、母のブローチをみせ、沢山に鑑定を依頼してきたのだ。

これがきっかけで、君子は沢山のラーメン屋でアルバイトを始め、宝石店でも働くようになる。沢山は君子に心を奪われ、やがて彼女は沢山の子を身ごもった。しかし同じ時期、君子は宝石店でアルバイトをしていた大学生の渡瀬義雄(上地雄輔)とも関係を持っていた。ところが、君子から「妊娠した」と聞かされた渡瀬は狼狽し、逃げるように彼女の前から消え去ってしまう。
そしてもう一人、君子には母親のタネ(余貴美子)とともに居候していた元華族の尾藤家の息子・尾藤輝彦(渡辺大)という憧れの存在がいて――。

やがて出産し、赤ん坊を抱えた君子は、渡瀬の実家を訪問。そこで5000万円の現金を手に入れた君子は、沢山の妻・道代(東ちづる)の前に現れ、土地ごとラーメン屋を売って欲しいとその金を差し出す。「富小路公子」と名を変え、宝石店を始めた君子は、それからというもの人脈を広げ、ケタ違いの金と不動産を手に入れてゆくのだが…!?
[PR]
by noho_hon2 | 2012-05-13 16:39 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/17975463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 相棒 劇場版II -警視庁占拠... 花と荒天、ヒョウに羽アリ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コード・ブルー ドクター..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
『新しい靴を買わなくちゃ』
from 京の昼寝~♪
『ミニオンズ(吹替)』
from 京の昼寝~♪
火曜ドラマ『カンナさーん..
from レベル999のgoo部屋
僕たちがやりました 第5話
from レベル999のgoo部屋
ひよっこ 第116回
from レベル999のgoo部屋
ひよっこ (第116回・..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)