インファナルアフェア
e0080345_14284670.jpg「恋する惑星」を見て「…いいなぁ」と感じたトニー・レオンが出演してて、評判も、うんと高かったので

(2006年には、「ディパーテッド」として、ハリウッド・リメイク。これまたアカデミー賞を筆頭に、高い評価)

チャレンジしてみたのですが、個人的に、見るのに、めちゃくちゃ苦労しました。

絶賛されてる「過不足のない、見事な脚本」が、人一倍、鈍い自分には、省略が多く感じられて… やはり、潜入捜査モノは、基本的に欺いてナンボの世界ですから、難しいですよね

それに、双方からの潜入って設定が、ポリポリ…

また、多くの方が指摘してたように、駆け出し時代の役者さんと、のちの図が、あまり似てないので、なにかと混乱…

もともと「スターウォーズ」を筆頭に、よくできたアクションやドンパチの類ほど子守唄になってしまう、情けない体質の自分には、もともとジャンル的に無謀だった… かも (^^;)ゞ

でも、トニー・レオンとアンディ・ラウの、アジアン・スターな魅力は堪能

    (ストーリー)

マフィアの組員ラウ(アンディ・ラウ)は、ボスであるサム(エリック・ツァン)の指示で香港警察に潜り込み、10年で内部調査課の課長に昇進。ベストセラー作家メリー(サミー・チェン)との結婚も内定していた。一方、ラウと同じ警察学校に通っていたヤン(トニー・レオン)は、組織犯罪課のウォン警視(アンソニー・ウォン)の指示で、サム率いるマフィアに潜入。今では麻薬取引を任されるまでになっていた。しかしヤンは長年に渡る内通捜査で自分を見失い、精神科医リー(ケリー・チャン)のもとに通院。いつしかヤンはリーを愛し始めていた。ある夜、ヤンから大きな麻薬取引を行うとの情報を得たウォン警視は、水面下で調査を始めるが、同時に警察の動きがラウからサムに伝わり、検挙も取引も失敗に終わる。双方にスパイがいることが明らかになった。ラウとヤンは、それぞれ裏切り者を探すよう命じられる。やがて争いの中で、サムの手下にウォン警視が殺される。サムの残忍さに嫌気がさしたラウは、サムを射殺。そしてヤンは、ラウがマフィアのスパイであることに気づくが、やはりサムの手下にヤンも殺される。残されたラウは、ヤンの分まで警官として生きていくことを決意するのだった。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-05-20 14:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/18020650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 金環日食 土田ヒロミ写真集「BERLIN」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
彼らが本気で編むときは、
from あーうぃ だにぇっと
陸王 (第9話/25分拡..
from ディレクターの目線blog@..
刑事ゆがみ (第10話/..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #10
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第1..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
コウノドリ2 第10話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)