八日目の蝉
e0080345_9403247.jpg直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。第35回日本アカデミー賞、10冠獲得!だから、快挙ですよね。

物語は、過去と現在。いろいろな時間を行きつ戻りつつ、親子に二代に渡る、心と身体の旅物語を浮き彫りにします。喪失と再生の物語?

キャスティングが良かったです。もちろん、主演の井上真央、永作博美の、とても複雑な事情。やむにやまれぬ運命に翻弄されていくさまを女優魂!に好演してたし、

女優たちが熱演。彼女の記事を書きたいから、と、近づいてきたけれど、じつは幼い頃。同じ場所にいたことが分かる、安藤千草(小池栄子)の複雑な感じも、猫背気味で、おどおどとした喋りといい、よく表現されてたし、(それにしても、小池栄子、イイ女優さんになりましたね~~っ)

エンジェルホームの、まるで教祖様みたいな、エンゼル(余貴美子)の怪演ぶりもヨカッタです。

永作博美とチビちゃんのツーショットは、とても可愛らしく微笑ましかったのでした。

個人的には、子供を誘拐されてしまった側の妻にしてみれば、ダンナさんが浮気し、子供を誘拐され、戻ってきたと思ったら、なかなか、なつかず… 映画では、ヒステリックに表現してあった分、 ますます子供が混乱してしまうのは分かる気がしたのですが、

むしろ、誘拐した側が「可愛い盛り」を共にして幸せだったのでは?と、なんとも、お気の毒な気がしてしまったのでした。

救いは、そして成長した恵理菜が、千草との心のルーツを探す旅の中、「愛され、慈しまれた記憶」を取り戻して、自らの、お腹にいる子供を「好きだ」と思えるシーンが救いだったかな?

できれば、シングルマザーなれど、子供の存在が恵理菜と千草にとって光になりますように。
秋山のご両親も、孫の存在によって癒されますように… 確執がとけるのを願うばかりです。

そうそうたる受賞の割には、今ひとつ「…ん?」な気がしたのは、期待過剰と、おそらく30分ぐらいカットしてあった関係かな? 機会があればノーカット版を見たい気がしたのでした。

    (ストーリー)

不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の子を出産したことを知る。「赤ちゃんを一目見たい、見たらけじめがつけられる…」夫婦の留守宅に忍び込み、ベビーベッドで泣いている赤ん坊を見た瞬間、希和子は思わず子供を抱えて家を飛び出していた。刹那的な逃亡を繰り返し、絶望と幸福感の中で疑似親子となった二人。しかし逃亡生活は、4年で終止符を打つ。……優しい母親だと思っていた人は、誘拐犯だった。4歳の少女の、血のつながった両親との普通の生活はこの事件によって一変する。誰にも心を許せず、両親とわだかまりを抱いたまま大学生になった秋山恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように、家庭を持つ男だった。幼い頃一緒にいた女友達に励まされ、自分の過去と向き合うために、かつて母と慕った人との逃亡生活を辿る恵理菜。最後の地、小豆島で恵理菜が見つけた衝撃の真実とは?
[PR]
by noho_hon2 | 2012-06-25 09:36 | 映画 | Trackback(12) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/18249326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 労組書記長社労士のブログ at 2012-06-25 10:10
タイトル : 八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-06-25 10:36
タイトル : 八日目の蝉
公式サイト。角田光代原作、成島出監督、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン。生まれたばかりの ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-06-25 11:59
タイトル : 『八日目の蝉』
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チネチッタ...... more
Tracked from よくばりアンテナ at 2012-06-25 15:50
タイトル : 映画『八日目の蝉』
ʤȤʤ餹ΤäƤơʤ?ȻפäƤ ǯNHKΥɥޤǤäƤΤʤơ 礦ɡMother٤ˤϤޤäƤˡ褦ʥơޤΥɥޤ äƤʤä٤ǡʤ̣狼ʤä ǡNHKBSǰǤƤȤˡϿ褷֤ƤǤ HD̤­ʤʤä餤ʤȻפäơ ƤäĤǡǤ衣 顢DzǤѤʤää(^_^; ɤǤʤǤ Ǥϡ֤ʤʤפäƤʤǤ衣 ʤ䡢ȥ?뤹ΤȻפäƤΤǡ ѤȤⵤȤǥȤꤨ ޤƤ...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2012-06-25 20:40
タイトル : 八日目の蝉
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共演に小池栄子、森口瑤子、田中哲司、風吹ジュンといった実力派が揃う。監督は『孤高のメス』の成島出。... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2012-06-25 21:32
タイトル : 八日目の蝉
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として濃…... more
Tracked from to Heart at 2012-06-25 22:12
タイトル : 八日目の蝉
優しかったお母さんは、 私を誘拐した人でした。 上映時間 147分 原作 角田光代 脚本 奥寺佐渡子 監督 成島出 出演 井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/渡邉このみ/劇団ひとり/風吹ジュン 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その...... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2012-06-26 21:48
タイトル : 八日目の蝉
角田光代のベストセラー『八日目の蝉』の映画化。同じように大ヒット小説が原作となっている、先日見た『阪急電車』とは全く違い、こちらは重い話がテーマになっています。今日は、5/1と言う事で、映画の日。混んでいました。 井上真央は、花男から一皮剥けたんじゃ無...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2012-06-27 08:50
タイトル : 『八日目の蝉』 (2011) / 日本
監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^; ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画化...... more
Tracked from ★ Shaberiba  at 2012-07-02 21:52
タイトル : 八日目の蝉
親となったら子供を「八日目の蝉」にしちゃいけないってことですね-。... more
Tracked from スポーツ瓦版 at 2012-07-05 21:26
タイトル : 八日目の蝉(感想232作目)
7月5日 八日目の蝉(感想232作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB ...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2012-07-21 08:32
タイトル : 八日目の蝉〜愛を取り戻していく旅
 人は、自分の中の<欠けているもの>を埋めるために生きているのかもしれない。  野々宮希和子(永作博美)の場合は、愛した男の子供。  秋山恵津子(森口瑤子)の場合は、奪われた子供と子供と過ごすはずだった時間。  彼女たちは欠けたものを埋めるために苦しむ。 ...... more
<< 松本清張 没後20年 特別企画... ATARU  最終回「さらばチ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)