菊地一郎写真展「標景」
銀座ニコンサロンで、菊地一郎写真展「標景」を鑑賞

作者はこの十数年間、北海道から沖縄の離島に至るまで、都市、田舎、海岸、山間部を問わず、日本全国を旅してきた、のだそう。何気ない景色の風景の中から、廃墟にポツンと残されたものまで… 写真家なりの感性で「ぐっときたもの」「独自のアングル」「独特の美」を斬りとるセンスに感心したのでした。

「こんなものにまで美を見出すとは!」と、大いに興味深かったです (^ー^*)
e0080345_2335980.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2012-08-04 23:05 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/18552128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ペヤング・ネギ塩やきそば、ネギ... ロンドン五輪、初・金メダルと日... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
あなたのことはそれほど ..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ぷち丸くんの日常日記
CRISIS 公安機動捜..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
「フランケンシュタインの..
from ドラマでポン
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)