RURIKO
e0080345_9421181.jpgとびっきりの美貌を持って生まれ、やがて、時代を代表する人気女優になった女性をヒロインに据えて見た、華麗なる昭和史。

裕次郎、旭、ひばりと、時代を彩る、実在の人物がバンバン出てくる興味ともども、「小説として」面白かったのでした。

実際、作者の林真理子も、「想像の翼を広げる」のに、腕が鳴っただろうなぁ、と感じる、のびやかさに満ちてた気がして。

それにしても… 裕次郎やひばりは、今や故人となり、伝説化したけれど、戦後、映画黄金期の作品を見ると、まぶしいほどの輝きを放ち、なおかつ、あの寅さんシリーズでは、最高のマドンナと評され、

最近でも、人気のドラマ「すいか」等、現役で活躍し続ける浅丘ルリ子は、大したものだなぁ、と、改めて、感心。

主人公を、類まれな美貌を持ちつつも、中身は、男前でサッパリしたキャラにし、決して湿っぽくならない、俯瞰したビジョンも効いてた気がしました。(ゴシップ感に満ちた、ドロドロを期待されたむきには、やや拍子抜け、かもしれませんが)特に、映画ファンは楽しめそうです。

   (ストーリー)

昭和19年、満州の帝王・甘粕正彦を四歳の少女が魅了した。「彼女を女優にしてください」。のちに画家・中原淳一に見いだされ、少女は「浅丘ルリ子」としてデビューした。時は昭和30年代、銀幕にひしめく石原裕次郎、小林旭、美空ひばり、燦めくようなスターたち。少女から女性へ、めくるめく恋の日々が始まった。太陽照り映え、花咲きほこる銀幕の裏側、スターたちの舞台は終わらない!自分を生きた女優の半生、一大ロマン小説。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-11-07 09:53 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/19169068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 浅見光彦シリーズ19「長崎殺人事件」 遅咲きのひまわり~ボクの人生、... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
『植木等とのぼせもん』 ..
from 美容師は見た…
地味にスゴイ!DX校閲ガ..
from レベル999のgoo部屋
TOO YOUNG TO..
from 銀幕大帝α
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぷち丸くんの日常日記
超高速!参勤交代 リターンズ
from to Heart
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
わにとかげぎす (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)