いい歳旅立ち
e0080345_8252134.jpg最近では、「聞く力」が大いに売れて、対談の名手と言われ、オシゴト絶好調!ですが、

その面白さに開眼したのは、やはり、雑誌で連載を読み、大いにウケた、檀ふみとの「ああ言えばこう~」シリーズ、往復エッセイから、かな?

(「ああ言えばこう食う」が、第15回(1999年) 講談社エッセイ賞受賞 に輝いたのも、大納得。雑誌かどこかで、食欲のダンフミ、愛欲のアガワと公言してたのも、可笑しいです)

じつにイイですよね。この2人… ある意味で、「負け犬の遠吠え」で名をあげた酒井順子とは別の路線。未婚の可能性、ロールモデルという意味で、新しい時代を拓いた、かも。

個人的に、彼女のエッセイは、どれも好き。
軽く読めるし、明るい気分になるので、つい、待ち時間のオトモに。古本屋で見かければ、迷わずゲットしてしまいます

やはり、稀有な存在ですよね。

いまや、対談といえば、黒柳徹子か、阿川佐和子か。こういう、話し上手の、引き出し上手。わくわくの存在になれたらイイですね。このエッセイは「いかにして、そういうキャラが生まれたか」を知る意味でも、大いに興味深かったのでした

持ち前のサービス精神。短い中にも、明るく品よく、ユーモラスに「オチをつけてる」あたりも、小咄みたいでマル

   (内容紹介)

こうして阿川佐和子は、大きくなりました!短気で愉快な父、諦め気味な母。この親にしてこの子あり……。元気で痛快な半生記(反省記でもありますが)、読めば元気になれる毎年「いい歳」旅立ちエッセイ集
[PR]
by noho_hon2 | 2012-11-27 08:41 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/19275014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 遅咲きのひまわり~ボクの人生、... PRICELESS~あるわけね... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
WALL・E ★★★★★
from TRIVIAL JUNK B..
蜜のあわれ
from 映画的・絵画的・音楽的
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)