薄桜記
e0080345_83489.jpg惜しむらくは初回を見逃したのが悔やまれますが、忠臣蔵の裏舞台を描いた「薄桜記」が、いかにも時代劇らしくて、なかなかに味わい深かったです。

調べてみると、産経新聞夕刊に1958年7月から1959年4月にかけて連載された五味康祐の時代小説で、映画、舞台、ドラマになってるんですね。

(舟木一夫や杉良太郎が主演したバージョンもあったとは!)

最近、クセモノづいていた、山本耕史が徹底的に二枚目を演じてるのが感動的だったし、運命に翻弄されつつ、彼を慕う千春役の柴本幸の、少し古風なたたずまいが光ってたかな? 堀部安兵衛役の橋和也、味がありました。

脚本をジェームス三木が手がけた手堅さも、原作の持ち味を活かされてたでしょうか?

いろんなディテールが古風ながら、その古風さが逆に「時代劇を観たな~」感だったのでした。先にBSでオンエアしてのち、評判をみて地上波という、マイウェイさもヨカッタのかも。納得

   (ストーリー)

高田馬場の決闘や赤穂浪士による吉良邸討ち入りを背景に、2人の剣士・丹下典膳と堀部安兵衛の友情や、上杉家江戸家老の名代・長尾竜之進の妹・千春をめぐる悲恋が描かれる
[PR]
by noho_hon2 | 2012-12-28 08:33 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/19422314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ロボジー 新参者 再放送 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)