矢内靖史写真展「棕櫚の日曜日」
銀座ニコンサロンで、矢内靖史写真展「棕櫚の日曜日」を鑑賞

作者は福島県の新聞社で報道カメラマンとして働いて約20年。震災の折は、プロとして活躍しつつも、やりきれない思いが積もり、やがて不眠症に陥ったそう。

それがきっかけで、朝の散歩が習慣になった折、見たもの、感じて撮ったもの… 正面から「そのもの」を表現するでなく、あえて、「シュロのある風景」にテーマを絞り、表現してみた試みに「…なるほどなぁ」と感じました

「福島の今」…環境放射能を測るモニタリングポスト、除染の除去物を覆うブルーシート、などなど。強い社会派メッセージも込められた、日常風景に、改めてしみじみ…
e0080345_1753161.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2013-01-19 17:55 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/19583886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜行観覧車「高級住宅街の殺人!... あぽやん~走る国際空港 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)