鬼嫁と暮らす幸福
e0080345_17402595.jpge0080345_17403336.jpg

今朝の新聞の家庭欄で、鬼嫁日記が取り上げられてて
原作者たるカズマ氏のコメントが興味深かったです。

「下手に怒って家庭内の空気を悪くするより、自分が我慢した方が、はるかにイイ。それに、むしろ、ちょっとした優越感もありまして…」みたいな、いたく満足してる風の発言されててね。「…ん、これって、どこかで聞いたことあるような…」と思ってたら、学生時代のクラスメイト達が、思いっきりウリな発言してたんですよ。

ある時の、一同の会話。
「いいよなぁ、カカア殿下… 出来るなら、将来は、気の強~い女の尻にしかれてみたい」
「そうだそうだ。ぺっちゃんこにされてるのって、もう、サイコー!」
「ああ、できることなら、ヒモになりたい…」
「いいよな、ヒモ…  男の、永遠の憧れだよなぁ…(うっとり)」

いや、中には亭主関白志向の子は「…な、嘆かわしい…」と頭、抱えてたのですが、予想外に、そちらの声の、意外な多さに、「へ~ぇ」。(ちなみに、盛り上がってた中心が、見た目、典型的・お坊ちゃまとワル、って組み合わせも可笑しくて)

彼らの説によれば、男は誰しも、大なり小なりマザコンでマゾである、とのこと。

しかも、困った女であればあるほどグー。そんな女の相手ができるのは「自分しかいないっ!」みたいな使命感と優越感が、またイイんだよ、説には、目を丸くしてしまうばかり。

さらに驚いたことには、あ~まりにも興味深かったので、帰省した際。母にヨモヤマ話的に話したら、しみじみと「そんなものかもしれないわね。男って…」には、なぬっ?!

「お父さん(親戚の噂によると、小さな村ではスターだった模様。中学時代、参観日に来た父をみて、友人が興奮。ファン宣言された時はアングリ)も、その昔。1度だけプロポーズしたことあるんだって。それが村一番に鼻つまみと評判の女の子だったそうよぉ。

自分は末っ子だから、せめて“誰かのお役に立てたら”と発作的に思い、願い出たそうで… もちろん“バカにしないでよっ!”と即、却下されたそうだけどね。男心って、不思議よねぇ」とカンラカンラだったのには「ひょえ~っ」だったのでした。

げに深くて摩訶不思議なるものは、男と女の仲… 

留守をすると、家がピッカピカになってて感動するダメ嫁としては、うむむのむ。 
[PR]
by noho_hon2 | 2005-11-29 18:10 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2027509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ママドルの元気と、二次元ラブ青... 「青春アミーゴ」、快挙っ! >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
スター・ウォーズ/フォー..
from しんちゃんの徒然なる映画日記
ドラマ『そして誰もいなく..
from ショコラの日記帳・別館
アンフェア the en..
from ぐ~たらにっき
そして誰もいなくなった(..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
おんな城主直虎 第12回..
from 事務職員へのこの1冊
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
二夜連続ドラマスペシャル..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
まっつーさん、こんにちわ..
by noho_hon2 at 07:14
渡瀬恒彦さんのラストの迫..
by まっつー at 02:12
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)