阿修羅のごとく
e0080345_1842042.jpgこれも、森田芳光監督作品だったのですね。

向田邦子の最高傑作、との呼び声も高い本作。

ドラマ版の、インパクトあふれる異国の音楽から始まる、オープニングも印象的でしたが(10年あまり前、アーカイブ放送か何かで見て、圧倒)

このバージョンも平成ならでは。旬の女優さん達が味わい深くて楽しめました。双方、傑作です。

人によって、末娘、咲子@深田恭子の、ぽっちゃり気味と、中村獅童の、ややオーバーアクト気味が、キャスティング的に賛否両論だったみたいですが、個人的には、そのアレンジも、なかなか面白い、と感じました。

ディテールの随所に、(とくに小道具類)向田邦子センスが活かされてて、嬉しかったです。

最初は、眼鏡で暗くて野暮たかった、三女・滝子(深津絵里、昭和では、いしだあゆみ)が、ぐんぐんキレイになるくだりや、なにげに、大竹しのぶと桃井かおりのパチパチが女優魂。

お母さん役の、八千草薫も、深いところにオンナを隠してて、可愛い存在感でした。

昭和のそれが、とても濃厚で、生命力にあふれた有機野菜風味なら、平成のこの作品は、時代感覚を取り入れた、スタイリッシュな料理感覚でしょうか?

見られてヨカッタです。wowowさんに感謝 (^。^*)

   (ストーリー)

昭和54年の冬。三女・滝子の呼び出しによって、長女の綱子、次女の巻子、そして四女の咲子と、久々に皆が一堂に顔をそろえた竹沢家の4姉妹。その席で滝子は、年老いた父親の恒太郎に、実は愛人と隠し子がある、という意外な話をぶちまける。寝耳に水の突然の事態に皆は思わず驚くが、実は、未亡人の綱子は妻子ある男性と不倫中、巻子は夫の浮気を疑って思い悩むなど、4姉妹も各自、人には言えぬ深い悩みを抱えていた…。 .
[PR]
by noho_hon2 | 2013-05-27 08:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/20557602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日常バッグの修理(夏用) 空飛ぶ広報室「いざという時そば... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ボク、運命の人です。 第..
from ぷち丸くんの日常日記
緊急取調室  第2話  ..
from Lee&#039;s Di..
ボク、運命の人です。 #..
from ぐ~たらにっき
ボク、運命の人です 第3..
from 平成エンタメ研究所
犯罪症候群 Season..
from ディレクターの目線blog@..
ボク、運命の人です。 (..
from ディレクターの目線blog@..
オトナの土ドラ『犯罪症候..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)