真珠の耳飾りの少女
e0080345_16155485.jpgあのフェルメールの超・有名な作品。「青いターバンの少女」をめぐる同名ベストセラー小説の映画化作品。

まるで「あの時代の絵画の中に入り込んだよう」というか、絵の世界が、そのまま、美意識満点に展開するのに、ひたすら見とれ、感心してしまったのでした。

ただ、すごく物語自体は、うんと淡々としてるのと、タメ息モノの映像美の反面。ダークパワーもみなぎってるので

(なまじ、精神的、芸術的なインスピレーションを与えた分、子沢山で、きわめて即物的なフェルメール妻が激しく嫉妬。そんな親の感情に気づいてか、子供も、なにかと意地悪)

万人にはオススメできないかもしれないのですが「そうかぁ、あの時代って、こういう雰囲気だったのね」と、生活背景として、ひどく納得させられるものがありました。

なるほど。本物のメイドさん(!)って、そうなのか、と感心してしまったり (^^;)ゞ
(雇い主はタカビーだし、やたら雑務に忙しい)

ネット横丁では、ヒロイン。スカーレット・ヨハンソン(撮影当時、17歳!)の雰囲気ある美しさと、フェルメールを演じたコリン・ファースの寡黙にしてセクシーな目の演技が評判でしたが、個人的には、肉屋のお兄さんのイケメンぶりも、なかなかに目の保養で♪でした。

そういえば、大ヒットした金妻シリーズ3作目のベースにもなった「恋におちて」だっけ? あの中で、ロバート・デ・ニーロの妻が「何も無い分、よけいに悪いわっ!」みたく、むしろ“心をもっていかれた”ことに怒っちゃうシーンがあったような気がするんですが、それ思い出しました。

「ギャラリー・フェイク」を見ると、絵をみる視点がひと味違って、新鮮♪だった件じゃないけれど、多少なりとも周辺事情を知ると、またアートの楽しみ方も変わりそうですね。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-12-02 16:41 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2060709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 私的実験室 at 2005-12-02 16:43
タイトル : 私的実験室
私がいろいろやってますワラ... more
Tracked from こひつじの毎日。What.. at 2005-12-03 03:14
タイトル : 真珠の耳飾りの少女★フェルメールの青。
劇場で観たのに借りてしま ったという。それほど映像美です。何度でもみたい映画。現世的な欲望(生活すること、成功すること、彼女の恋人になることなど)とは次元が違う結びつき。「美意識の共有」というのかな。空の色を二人で確認したときからの「共...... more
<< なにかとブーイング、「スキウタ」 ゴリエって、紅組なのね >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
地味にスゴイ!DX校閲ガ..
from レベル999のgoo部屋
TOO YOUNG TO..
from 銀幕大帝α
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぷち丸くんの日常日記
超高速!参勤交代 リターンズ
from to Heart
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
わにとかげぎす (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
超高速!参勤交代 リターンズ
from そーれりぽーと
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)