あかね空
e0080345_7543913.jpg山本一力の直木賞受賞作品を映画化。

原作には、前から興味あったので、このキャスト、雰囲気で見る、江戸の下町。市井に生きる人々… 豆腐屋一家、盛衰記。人情時代劇に「へ~っ、こんなオハナシだったんだ」と大いに得した気分になれました。

内野聖陽&中谷美紀、共に俳優力! 不器用青年と、初々しいちゃきちゃき町娘時代から、結婚し、家族を持ち、年月を経て、頑固親父と、しっかり者だけど、ちょっとヒネた長男には甘い、子煩悩なおかみさんを上手に演じてて、サスガ!でした。

脇も、なかなか贅沢で、岩下志麻、泉谷しげる、鴻上尚史、石橋蓮司、勝村政信… 個人的には、憎まれ役の小悪党を演じた、中村枝雀が、なかなかにイイ味だしてて印象的。

でも、ラストの重要な役どころ。スキンヘッドの大親分、傳蔵が誰か分からなかったのですが、あとで内野聖陽の二役と知り、思わず膝ポン! 大いに溜飲が下がったのでした。

改めて、原作にも興味… (^。^*)

   (ストーリー)

実直な働き者の豆腐屋夫婦、長屋の人々の善意、親子の情愛---
江戸、深川蛤町の職人長屋。京で生まれ、京の豆腐屋で修行して、江戸で店を持つためにやってきた永吉(内野聖陽)は、近所に住む桶屋の娘おふみ(中谷美紀)と出会う。
お互い惹かれ合うものを感じた二人は、京の豆腐を江戸で売り出すために力を合わせ「京や」という店を持つが、京風の豆腐にはなかなか客がつかなかった。
そんな2人に影ながら力を貸したのは、老舗の豆腐屋を営む夫婦・清兵衛(石橋蓮司 )とおしの(岩下志麻)。
彼らは豆腐作りに熱中する永吉の姿に、4歳のときに永代橋で行方知れずになった息子を重ね、ひそかに得意先に「京や」を斡旋するのだった。
そして18年の時が流れ、永吉とおふみの「京や」は表通りの店になるが、息子の栄太郎(武田航平)が商売敵の平野屋(中村梅雀)の悪巧みによって賭け事に熱中し、「京や」は新たな危機に見舞われてしまう・・・。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-06-11 08:07 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/20637278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from カノンな日々 at 2013-06-11 09:31
タイトル : あかね空/内野聖陽、中谷美紀
原作は山本一力の直木賞受賞作品だそうです。といっても全然知らないんだけどいわゆる文芸作品ですよね?現在放送中のNHK大河ドラマ「風林火山」の内野聖陽さん主演作というのも影 ...... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2013-06-11 23:27
タイトル : 「あかね空」頑張っている人の事は確り誰かが観ている事を綴..
「あかね空」は上方の京から来た豆腐職人が江戸で店を出す事になり、江戸の人情とそこで出会った女性と結ばれて祝言を挙げるが、家族ができた事や商売が繁盛する事で色々な生涯と ...... more
<< 蝉しぐれ 空飛ぶ広報室「つのる想い・あふ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
彼らが本気で編むときは、
from あーうぃ だにぇっと
陸王 (第9話/25分拡..
from ディレクターの目線blog@..
刑事ゆがみ (第10話/..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #10
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第1..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
コウノドリ2 第10話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)