アイ,ロボット
e0080345_17233462.jpgそれにしても、ウィル・スミス、なんてSF作品のCG画像、というか虚構世界に似合うんでしょう! 彼のもつ存在感、キレのいい身体のリズムがフィットしてる感じ。

じつは、原作は古典的名作、『アイザック・アシモス』のSF小説「わたしはロボット」にインスパイアされて制作されたアクション・SFミステリー映画、なんですってね。

序盤に登場した、ロボット三原則

1にロボットは人間に危害を加えてはならない。
2にロボットは人間の命令に絶対服従である。
3にロボットは1と2に反する恐れの無い限り、自分の身を守らなければならない。

が、あまりにも、アシモフかアトムっぽかったので、「…ひょっとしたら…」と思っていたら、ををビンゴ! 気楽に見られるエンタメSF作品として、面白かったです。

人間の心を持つロボット、サニーも、なかなかにイイ味… パートナーとなる、女性博士も、SFアクションらしい個性でした。完全版も見てみたい気がしたのでした。

   (ストーリー)

2035年シカゴ ロボットは人間の補佐役として、各家庭で活躍していた。ここには人間とロボットが共存するための三原則が存在。

そんな中、家庭用ロボットの開発を手掛ける大企業・USR(U.S.ロボティックス社)では、次世代ロボット・NS-5の開発に成功した。

数日後の発売に向けて、着々と準備が進められていたある日、ロボット工学の第一人者であるラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)が、USRの研究室から飛び降りて死亡した。

彼が遺したホログラムに呼び出され、その事件を担当することになったのは、スプーナー刑事(ウィル・スミス)。彼は、過去のある出来事がトラウマとなりロボットを信頼することができずにいた。そんなスプーナーに、ホログラム映像のラニング博士は「自分は殺された」と告げる。そして、始まる不思議が出来事の数々… はたして、真相は?
[PR]
by noho_hon2 | 2013-06-30 17:15 | 映画 | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/20731132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Akira's VOICE at 2013-07-01 16:58
タイトル : アイ,ロボット
2035年のシカゴで謎の死を遂げた博士。 捜査する刑事の前に,サニーと名乗るロボットが現れる。 ... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2013-07-01 22:13
タイトル : アイ,ロボット(2004年)
タイトル アイ,ロボット ---感想--- アイザック・アシモフの小説がモチーフになっている。ロボット三原則がその根底にあり、それを理解しないと、この物語は辛いかも。ウィル・スミスは、何故か刑事役が多い。今回もそう。って言うか、元々はミュージシャンのはずなん...... more
Tracked from そーれりぽーと at 2013-07-02 20:44
タイトル : アイ、ロボット
過去ログ ★★★ ロボットと人間の違いは何なのか?をテーマに、手塚治の漫画や「甲殻機動隊」の影響をモロ感じる内容。日本人にとってこのテーマはわかり易くてとっつきやすいし、加えてグイグイ視点が動くアクションシーンが爽快感有って良かった。2004/10... more
Tracked from mama at 2013-07-22 15:51
タイトル : アイ,ロボット
I, ROBOT 2004年:アメリカ 原作:アイザック・アシモフ 監督:アレックス・プロヤス 出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュディ ...... more
<< MARK IS みなとみらい(... 読売テレビ開局55年記念ドラマ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
フランケンシュタインの恋
from Akira's VOICE
おんな城主直虎 第25話..
from 平成エンタメ研究所
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
蜜のあわれ  監督/石井..
from 西京極 紫の館
MONSTERZ モンス..
from 西京極 紫の館
マッサージ探偵ジョー (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)