警部補 矢部謙三2「殺しの暗号!天才少女vs最も優秀な刑事」
e0080345_13545583.jpgトリックから派生したとはいえ、本家もびっくりの、脱力系ミステリー… これは、かなり人によって好みが分かれそうですね。

謎解きというより、畳みかける、素朴な、なぞなぞ…

金曜日の夜には、このぐらいの気軽さが程良いと感じる方と、バカバカしいと撤退する方と両極になりそう… (^^;)ゞ

個人的には、周囲の評判に興味津々

    (ストーリー)

『碧き予言者』を名乗る窃盗犯が、女性オーナー・大道寺文乃(秋本奈緒美)が経営する宝石店に忍び込み、6000万円相当のダイヤを持ち去った。犯人は謎めいた犯行予告を送りつけていたが、警察はそれをいたずらだと判断し、捜査に手をつけてなかったため世間から批判が集まっていた。

一方、都内ホテルでは、新しい警視総監・御手洗(大和田伸也)の就任式が行われていた。矢部(生瀬勝久)と秋葉(池田鉄洋)は、その警備に駆り出されていたが、任務などそっちのけで相変わらずのお気楽ぶり。そんな中、矢部はひょんなことからパーティーに来ていた総監の娘・未来(畠山彩奈)と知り合う。未来は、全国小学生統一試験で2年連続1位を取るほどの才媛で、総監宛てに届けられた新たな犯行予告の謎を、矢部の前で鮮やかに解いてみせる。

その夜、『碧き予言者』の捜査を総監に一任されたと勘違いした矢部は、意気揚々と記者会見を開き、これ見よがしに犯人に宣戦布告。その挑発に乗った犯人が、新たな犯行予告を警察に送りつけてきた。余計な行動が新たな犯行の呼び水となってしまい、責任を追及された矢部は一転、窮地に陥る。一方、警察は威信をかけて暗号解読に乗り出すが、答えは分からず捜査は暗礁に乗り上げてしまう。すべての責任を押しつけられそうになった矢部は、パーティーで謎を解いてみせた未来を利用することを思いつく。一方、推理マニアの未来も、総監である父親の弱点をダシに捜査に加わることを要求。かくして2人は、それぞれの思惑の中、『碧き予言者』の捜査にあたることになるが…!?
[PR]
by noho_hon2 | 2013-07-08 14:01 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/20768672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2013-07-08 14:13
タイトル : 警部補 矢部謙三2 (第1話・7/5) 感想
テレ朝・金曜ナイトドラマ『警部補 矢部謙三2』(公式) 第1話『(ラテ欄)暗号の罠!天才少女vs最も優秀な刑事!』の感想。 意外に本格ミステリーに仕立てて来たぞ! 続編として興味深い...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2013-07-08 17:48
タイトル : 警部補 矢部謙三2 第1話
『殺しの暗号!天才少女VS最も優秀な刑事』 『暗号の罠!天才少女vs最も優秀な刑事!』 内容 “碧き予言者”を名乗る犯人による宝石強盗事件が発生していた。 犯行予告があったにもかかわらず、警察はイタズラと判断。 対処を怠り、世間の非難を浴びていた。 そんな...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2013-07-08 17:55
タイトル : 警部補 矢部謙三2 第1話
第1話「殺しの暗号!天才少女VS最も優秀な刑事」[2013年7月5日放送] ラテ欄「暗号の罠!天才少女vs最も優秀な刑事!」 『碧き予言者』を名乗る窃盗犯が、女性オーナー・大道寺文乃(秋本奈緒美)が経営する宝石店に忍び込み、6000万円相当のダイヤを持ち去った。犯人は…... more
Tracked from ぐ~たらにっき at 2013-07-08 20:01
タイトル : 警部補 矢部謙三2 #01
『殺しの暗号!天才少女vs最も優秀な刑事』... more
<< 半沢直樹「やられたら倍返し!悪... 綾野剛(情熱大陸) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
陸王 第5話
from ぷち丸くんの日常日記
重要参考人探偵 (第5話..
from ディレクターの目線blog@..
ユニバーサル広告社~あな..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ[2] 「第6..
from ディレクターの目線blog@..
劇場鑑賞「デスノート L..
from 日々“是”精進! ver.F
『デスノート Light..
from みはいる・BのB
『本能寺ホテル』('17..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)